人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

逃避して悪いか

逃避して悪いか

セカンドライフというネットが世界的に流行している。ネットの中にアナザーワールドがあって、べつの人生を作り上げるという「ゲーム」だ。現実で実現できなかったことを、カタチを変えて実現してくれる、ということで人気を集め、依存する人が増えていると聞く。

アメリカのセカンドライフの中に登場する、妙齢の美女。それを操っている人を探したら、ニューヨークの下町に住む50代の冴えないおばさんだったと、テレビが報じていた。みんな現実に目を向けずに逃避していると識者は批判していたが、はたしてそれが悪いのだろうか。

知人の子弟で引きこもっている人がいる。家からほとんどでないで一日中ネットでチャットばかりしている。親はなぜこうなったのかと嘆く。

親の気持ちは分かる。が、その子弟の生き方を通り一遍で否定していいのだろうか。
おそらく、そういう状態になるに至る事情があったはずだ。対人関係だろう。
そこで傷を負い、生身の関係に対して恐怖をもってしまった。そこへ戻るのは辛い。さりとて誰とも関係をもたないのも悲しい。チャットならバーチャルな関係なのでできる。そう考えて、終日、パソコンに向き合うことになった、と推測されるのだ。

 ここでネット社会の功罪の是非を論ずるつもりはない。
ただ、われわれの時代はパソコンを持ってしまった。後戻りはできない。これを前提に考えるしかない(70年代なら、こんな発言をすると、「敗北主義」「ナンセンス」と野次られた)

 嘆く親の価値観は、学校を出て会社に入り仕事をこなし恋愛をし家庭を作るような人間を基準にしているのだろう。具体的なイメージは民放の夜8時から9時台のドラマに登場するような若者像だ。そこから離れる(落ちこぼれる)者は人生失格と考えているのだろう。

だが、こんなイメージ通りの生き方をしているのって本当にいるのか。そういうふうに見えているのは、その「場」だけのことで、それ以外の局面では、さまざまな顔をもっているのではないのか。われわれが作ったステロタイプに自縄自縛されているのではないか。

 話はがらりと変わるが、六十年代にSF小説が登場したとき、旗手の一人である石川喬司は旧来の文学は固定観念に陥っていると見て、人生は幾通りもの可能性に満ちた多元性を表現すべきと主張した。
セカンドライフというゲームもその一つにならないか。

ただし、心の病となればいささか話が違ってくる。これは正確に症状を観察して、その治癒を専門家の手で行う必要がある。この手続きを踏み間違えると取り返しがつかなくなる。だが、最近、専門家といっても頼りない、というか本当に精神医学の最新研究などを勉強しているのかと言いたくなる医者もいる。その実例を私は知っている。

病ではなく、境界にあるわけでなく、やや心が衰弱して引きこもっていたりする人。その人たちが悩み苦しむ。それを和らげることができないものだろうか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-15 12:37 | Comments(0)
<< 孫自慢 巨船はタイタニックか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧