人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

京大ライトノベルノート①

比較文学論
京大ライトノベルノート①_c0048132_23322411.jpg

話題の『鴨川ホルモー』(万城目学)を読んだ。

「鴨川ホルモー」。その物語は同じ大学の同じサークルに入った男女たちの間に持ち上がる、奇怪な闘いがそこには描かれている。「鴨川」という名がタイトルにあるように舞台となっている街は京都。主人公の安倍は、二浪の末に京都大学に入った男。現役の超秀才でないところがこの物語のキモ。葵祭りのアルバイトで牛車を引くエキストラをしたことから、安部は風変わりなサークルに勧誘される。その名も「京大青竜会」。

その「京大青竜会」の新入生歓迎コンパ略して新歓コンパで、安倍は早良京子という理想のタイプに出会い一目惚れする。彼女といたいがために、不可解なサークルであるにも関わらず、安倍はそのまま「京大青竜会」に加盟してしまうのだ。

そして、2,3ヶ月経った祇園祭の宵山の夜。「京大青竜会」の本当の活動が明らかになった。四条烏丸の交差点へと向かっていくと、京大サークルのリーダーであるスガさんによって「ホルモー」の開催が告げられる。その場所には、この闘いに他の大学から参加する面々がいた。「京都産業大学玄武組」「立命館大学白虎隊」「龍谷大学フェニックス」と名乗る3チームである。
ネタばれさせて言うと、ホルモーは20センチほどの背丈の鬼たちのことを指す。常人には見えない存在だが、鬼語を解するようになると見えてくる。京都の東西南北の4大学、京都大、京産大、立命館大、龍谷大のサークルの学生が秘密の儀式の後に鬼語を習得し、鬼たちを自在に操って戦わせることになるのだ。『鴨川ホルモー』はそんな物語である。

安部はそのサークルで帰国子女の高村という親友や、大木凡人風の眼鏡をかけた楠木ふみと出会う。そこで繰り広げられる恋と失恋の物語。まさに青春小説だ。

作者は1976年生まれの京都大学法学部卒の人だ。この作品で第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し、作家デビューを果たしたと聞く。
日本ファンタジーノベル大賞を受賞した『太陽の塔』の作者の森見登美彦も同じく京大出身の若い作家だった。1979(昭和54)年生れだから二人は同世代である。この二つの小説は共通点が多々ある。

○両作品ともファンタジーだ。そして現在流行しているライトノベルというカテゴリーにある。
○主人公はうだつの上がらない京大の男子。一方は2浪して法学部、もう一方は一年留年した5回生の農学部で“学んでいる”。
○物語の舞台は基本的に京大キャンパスがある百万遍を中心に設定されている。
○配役はうだつのあがらない主人公、それをちょっぴり支える頼りない親友、マドンナ、そしてユニーク女性キャラクターがそれぞれ配置されている。「太陽」では邪眼。「鴨川」では楠木ふみだ。このユニーク女性キャラは「鴨川」の勝ち。
○物語の中心となるイベントは京都の繁華街。両者は鴨川デルタと賀茂川のアベック群について同じようなことを言及している。

このように、よく似た物語がほぼ同じ時期に生まれたのはなぜだろうか。今や、ライトノベルの「メッカ」となった京大の謎について、考察していきたい。(この項、不連続に続く)


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-12 23:20 | Comments(0)
<< たぶん風邪をひいた ワーカホリック >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧