人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

パルテノンの前で再び

吉田蓑助師匠

文楽・人形浄瑠璃の、人形遣い吉田蓑助。人間国宝である。
本日、国立劇場稽古場でお会いして挨拶申し上げた。最初はきょとんとしていた師匠、私が「心の旅でお手伝いさせていただいたプロデューサーです」と名乗ると、破顔一笑。このうえなく嬉しいといった表情で、私を見つめた。

 今から9年前になるだろうか。私が「世界わが心の旅」を作っていた頃だ。毎回、旅人にあたるゲストを選定して、海外に送り出し、毎週のように編集、ポスト=プロダクションに追いまくられていた。およそ20人のゲストの旅番組を作ったことになる。すべてが気に入った作品とはならない。中には、単なる骨休めで海外旅行してきたといわんばかりの「駄作」もあった。その中で、吉田蓑助師匠の作品は心に残った。題して、「ギリシャ・月光に舞う鷺娘」。

当時65歳だった師匠は油が乗っていた。日本だけでなく世界各地で開かれる演劇フォーラムに招聘され、飛び回っていた。その体験の中で、一番再訪したい場所はどこかと尋ねると、すぐ「ギリシャ、パルテノン神殿」と師匠は答えた。そこで見た月夜が忘れられない、かの地で「鷺娘」を正装で演じてみたいと前から思っていたと、言うのだ。

 ギリシャ政府の招請ならともかく、自主的に旅するのなら、それはプライベートなパフォーマンスにしかならないのだが、それでもいいかと念を押す。それでもいいと、師匠は言いきった。

 そして、決行した。三人の人形遣いがパルテノンを望む対岸の丘に立った。吉田蓑助、ともう2人の弟子である。観客がまったくいない小さな展望台で、師匠は紋付袴の正装の出遣い、あとの二人は黒遣いで、「鷺娘」を演じたのである。無客の中、カメラが見守るなかでの無心の演技は幽玄で、この世のものとは思えない鷺の精。まさに夢のような光景であった。

後に、日本でその映像を再生して見た私たちは息を呑んだ。

この番組が放送されたときも、師匠はとても喜んだと聞いて、制作した私たちは嬉しかった。機会があれば、この番組の関係者で集まって打ち上げでもしたいですねと、スタッフ内で話し合っていた矢先、師匠が脳卒中で倒れたというニュースが飛びこんできた。病は篤く予断を許さないと聞かされたが、運良く命は取り留めた。だが後遺症が懸念された。

やはり、言葉が不自由となった。だが、懸命のリハビリの甲斐あって、今では舞台に立つことも可能となったのだ。

今回の鶴澤清治の会でも、吉田蓑助師匠は第三部、「文楽ごのみ」に出演している。そこで、私は名乗って、挨拶したのだ。
「師匠、もう一度、機会があれば、パルテノンで鷺娘をやっていただきたいですね」と声をかけると、うれしそうな顔で、言葉ともつかない歓声を上げておられた。思わず、私は熱いものを胸うちに感じた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


パルテノンの前で再び_c0048132_22432297.jpg

by yamato-y | 2007-05-06 22:34 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(0)
<< 万引の気配 東京を創った男 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧