人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

女性の凄み

幸田文の生き方


深夜3時、映画「流れる」を見て興奮し眠れない。成瀬巳喜男の造形の素晴らしさにも舌を巻くが、原作の幸田文にもっと惹かれる。

一昨日見た、「おとうと」でも、実際のモデルである幸田文の生き方につよい興味を覚えさせられた。が、今夜の「流れる」を見るにおよんで思いはさらに深まった。

十年前、小林勇の「蝸牛庵訪問記」を読んで、露伴とともに娘文に関心をもち、彼女の代表作『崩れ』を早速読んだことがある。そのときは、とりたてて感銘はなかった。というか、幸田文の文章に面白みを感じなかった。それきりとなった。

今夜の映画を見て、無性に幸田文を読みたくなった。書架を調べたら、新潮文庫で『黒い裾』というのが出てきた。すぐに巻頭の「勲章」を読んだ。昭和12年、第1回の文化勲章に幸田露伴が選ばれたときの、文の境遇を描いた作品だ。このとき文は結婚して酒屋の女将を勤めていたのだ。

晩年の文のテレビドキュメンタリーを見たことがあるが、その“ふてぶてしい”風貌に驚いたことがある。この人はお嬢さんでありながら、とてつもなく肝っ玉の坐った人物であったようだ。

「流れる」とは幸田文の自伝的小説だ。四十を過ぎて、文はエッセーを書き始めた。露伴の死後、小説にも手を広げる。ところが、すぐ行き詰まりを感じて、人生を“やり直そう”とする。まったく、これまでと違う体験を自らに課すのだ。それも花柳界という常人には縁遠い世界に飛び込み、芸者置屋の下働きの女中という立場で世の中を見聞しようとした。こうして書かれた小説が「流れる」だ。こんな思い切りのいい生き方なぞ凡人には考えられない。

 映画「流れる」に話を戻そう。この映画には、田中絹代、山田五十鈴、杉村春子、高峰秀子と錚々たる名優たちが顔を連ねていて、花街に暮らす芸妓たちの自堕落で打算のからみあう、くろうとの世界を見事に描出している。その中で、栗島すみ子の存在に私は度肝を抜かれた。こんな凄い女優がいたのだと、あらためて邦画のかつての実力を思ったのである。

今、こんな女優がいるかしらん。桃井かおりも大竹しのぶも、栗島すみ子の前に出れば霞んでしまうだろう。と憎まれ口をききたくなるほどの、栗島の実力。彼女の中に、幸田文的女の土生骨を垣間見る。

「勲章」のなかで、幸田文はさすがという表現を用いている。酒屋の問屋で働く男たち(文字に疎く、ひとすじに労働に打ち込む)を指して、「浅しといえど濁らざる」とさらりと記している。この達観、大悟があればこそ、彼女は偏見なく花柳界に飛び込んで行けたのだろう。

映画「流れる」のオープニングとエンディングを同じ大川のリュウリュウたる流れを用いている。小説もすごいが成瀬の「映画」もたいしたもんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-05 11:07 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 東京を創った男 春燈下 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧