人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

周の字

山本周五郎と藤沢周平


 近年、藤沢周平の盛名は高い。山本周五郎よりも大きい。
だが。藤沢が世に出てきたとき、彼の作品の味は周五郎に似ているといわれたものだ。
藤沢周平に出会う前、山本周五郎にハマっていた時代があったという声も少なくなかった。

二人に共通するのは、目線が低いことだ。周五郎はこんなことを書いている。
《慶長五年の何月何日に大阪城でどういうことがあったかではなくて、そのとき道修町のある商家の丁稚がどういう悲しい思いをしたか(略)どういうことをしようとしたかということを探究するのが文学の仕事だ。(「歴史と文学」)》
実際、周平自身も似ていると言われることを否定もしていない。「周平独言」でもそれらしいことを書いている。

私が周平を読み出した頃はまだ彼も生きていた。貪るように読んでも、まだまだ楽しめると楽観していた。新作をこれからも期待すればいいと思っていたのだが、急死(私にはそう思えた)したとき、これで作品は限られたものとなり、新作を読むこともできないのだと落胆した。

再び、周五郎を読もうと思うようになったのも周平の味を求めてである。ところが、周五郎作品は周平に比べてやや重く説教臭いのだ。『日本婦道記』などは立派すぎて鼻白むこともしばしばある。ついつい敬遠してしまうのだが、今朝読んだ「花杖記」は良かった。

加条与四郎は青年剣士だ。道場で試合中、父が乱心したとして突然拘束されることになる。たしか、父は藩主に会うといって国許へ帰ったはずだが、父の身に何が起きたのか。
永代御意見役として禁欲的に生きる父を、与四郎は幼い頃から敬遠してきた。だが殺害後、その父が急速に身近に迫ってくる気が与四郎にはした。殺害の理由を調べるため、彼はひそかに国許へ潜入することになる。そこでは幼馴染の娘と親友が与四郎のために一肌脱いでくれる・・・。

逃亡したとして江戸から触れが廻っている城下へ入った与四郎は、姿を隠す必要が生じた。そのとき、子供の頃に遊んだあばら家の古井戸のことが与四郎の脳裏をかすめた。その空井戸の底に横穴を腕白たちと掘って遊んだことを思い出したのだ。彼は数日間そこに潜んで父の汚名をそそぐ計画を練るのである。

ここで、私は血湧き肉躍ったのだ。古井戸の横穴は私の一番好きな設定なのだ。ここに潜んだり財宝を隠したりするというのが物語に出てくると興奮するのだ。大伴昌司同様、地底都市、地底構造物が大好きなのだ。だからルパンの「奇岩城」などはお気に入りの一つだ。

自慢じゃないが、私はれっきとした閉所恐怖症だ。脳検査で使用されるMRIなどには5分と入っていることができないほどだ。だが、洞穴特に横穴となるとすぐ入りたくなるのだ。

こんなことがあった。長崎で番組を作っていた頃だ。
長崎には大航海時代にやってきた宣教師によって、大きな教会が3つほど造られた。ところが禁教令が出ると、それらの教会は破却されそのあとに大きな寺院が建った。その一つに春徳寺がある。この話を聞いて、私はその春徳寺に行った。むろん、慶長年間の名残など何も残っていない。が、井戸だけがあった。住職に聞けばこれは当時からのものだという。私はこの古井戸の底に横穴があるかもしれないと、夢想した。今考えると児戯めいていて馬鹿馬鹿しいのだが、そのときはそう思いこんだ。どうしても確かめたいと切望した。

三ヶ月後、井戸浚いのとき、私はお寺に断って井戸を降りた。そして、側壁を調べたのである。当然、何もなかった。キリシタンの潜伏した痕跡もないかと期待したが、まったく普通の井戸であった。
こんなふうに、井戸と聞くとすぐ私は反応してしまう。本日の「花杖記」はそういう意味でも、私を十分楽しませてくれた。
周五郎と周平について書くつもりでいたが、その構想は腰砕けとなった。嗚呼。


 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-04 12:01 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 春燈下 おとうと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧