人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大阪 国立文楽劇場

浄瑠璃のすごみ
大阪 国立文楽劇場_c0048132_1016682.jpg



昨日、大阪文楽劇場は千秋楽を迎えていた。私が劇場に入った午後1時過ぎ、ちょうど竹本住大夫の演目が始まろうとしていた。
さっそく、スタッフ専用席で彼の芸を拝聴した。
ここ数日、体が疲れていて元気がないと事前に聞いていたが、とんでもない。腹のすわった声が朗々と満員の館内に響いていた。大入り、千秋楽といったことで、師匠の闘志をかきたてたのであろうか。およそ20日間、毎日床(ゆか)にあがるのは大変なことだ。しかも住大夫さんは切り場という物語の山場を語る立場にあるのだから。あらためて、「芸」のすごみを見せ付けられた。

本番公演を通して見るのは今回が初めてである。昼の部、夜の部、合わせて4時間以上見続けたが面白かった。といっても、語りの人によってやや間延びしたりすることもあって、全部に聞きほれたわけではない。断然、芸の違いがあらわれる。年が若く、声量があるからいい声だとはいえないのだ。

一階正面の奥だったこともあって、近眼の私には人形の微妙な表情までは見えず、もっぱら語りと三味線に聞きほれた。

昼の部が終わったところで楽屋に行き、竹本住大夫、鶴澤清治、両師匠に挨拶をする。清治さんは相変わらず闊達でにこにこしている。住大夫さんは無事千秋楽をむかえてほっとしていたのだろう、終始笑みが絶えなかった。なんといっても82歳の御年だ。舞台を見ているととてもその年には見えない。それだけに人の知らない努力があるはずだ。

久しぶりに古典芸能の楽屋に入ると、気分が高揚してくる。舞台という華やぎは魔性の力をもっているのだろう。出入りする芸人さんたちも普段の稽古のときとまったく違った表情となっている。歌舞伎とちがって事前の「こしらえ」があるわけではないので、住大夫さんも清治さんも楽屋では穏やかな表情なのだが、廊下に出ると張り詰めたものを感じる。

4月の定期公演は昨日で終わり、いよいよ私たちの期待する、5月7日「芸の真髄」公演にむけて動きが始まることになる。本日は午後からその稽古。その様子を撮影する予定だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

大阪 国立文楽劇場_c0048132_10161941.jpg
大阪 国立文楽劇場_c0048132_10163129.jpg

by yamato-y | 2007-05-01 10:04 | Comments(0)
<< 雨の法善寺 名も知らぬあなたに昔のぼくを見た >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧