人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

名も知らぬあなたに昔のぼくを見た

名も知らぬあなたに昔のぼくを見た

明け方夢を見た。漱石のような高尚なものではなく、歌謡曲の一節が鳴り響く通俗なものだが、私には気になるものだった。

夜である。円卓を囲んで晩餐となる。6人ほどの同世代の男たち――中にはかみさん連れの者も一人二人いた――が、日本ではないどこか異国のおそらく東欧のレストランの個室に集まっている。互いに初対面だが大人らしく和気藹々に会話を交わす。

食事が出てきた。えんどう豆の煮たもの、そのうえに白いあんかけのようなものがかかり、さらにスクランブルエッグがかかっている。一口食べる。甘い。
白いものはシロップではないか。大げさな店構えのわりにまずい料理だ。嫌になってスプーンを下ろすと、隣人が「一つ一つは美味しいが、これではねえ」と愚痴る。一つ一つも美味しくなんてことはないよと、内心反発する。

そこで昔話に興じる。その昔サンレモ音楽祭に行ったことがあってさ、と懐かしい話を私は隣人に聞かせようとする。音楽が脳内に鳴り響いてくる。湯原昌之の「雨のバラード」だ。♪降りしきる雨の舗道・・・。そこから先ははっきりしない。だがサビの部分はしっかり聞こえてくる。
♪名も知らぬあなたに昔のぼくを見た・・・。

部屋の隅にガラクタというかごみが置かれてある。私の昔はいていたブーツがある。靴ひもの金具の部分だけを残して腐ってぼろぼろとなっている。だが、その靴をはいていた頃が妙に懐かしい。依然として、歌は流れている。この歌ではなく別の歌を思い出したいのが出てこない。愛と太陽の××、というようなタイトルであったがと、思い出すことが出来ず一人悶えている。

でも、名も知らぬあなたに昔のぼくを見たという歌詞を聞きながら、何かが終わり新しく始まるぞと、私は決意しているのだった。

目が覚めると、昨日とうってかわってまぶしい光がさしていた。9時の電車で京都へ行くことになっている。夢の残滓があるうちにと、このヘンテコな出来事を記した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-26 07:28 | Comments(0)
<< 大阪 国立文楽劇場 なんだかんだ忙しい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧