人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

耳をすませば

「耳すま」とファンから呼ばれているそうだ


宮崎駿作品の「耳をすませば」。たしかテレビで放映されたときに部分的には見たことがあったが、今夜初めて全部を見通した。
いい作品だと思った。ジブリ作品では「となりのトトロ」が私にとってベストワンだが、それに続くのがこの「耳すま」だと見終わって感じた。

主人公は中学三年生の女子。高校入試をひかえていて、進路ということが目の前に現れるときの多感な存在を設定していることに、まず惹かれた。

読書好きの中学3年月島雫。図書館へよく通う。そこで本を借り出しているうちに、読書カードでお馴染みの名前に気づく。この仕掛けは青春ものの定番だが嫌味ではない。

名前による出会いの青春映画といえば、岩井俊二「ラブレター」だ。藤井樹(いつき)という亡くなった彼へあてたつもりで書いた手紙が同名の女性に届き、二人の手紙のやりとりが始まるという洒落た物語だった。冬ソナが日本に登場したとき、ユン監督はこれを真似したのではないかという声があがったことがある。一度、私は監督に真偽を聞いたことがある。苦笑しながら、実はそれまで見たことがなかったので、言われてから見ましたと答えた。監督も好きな映画だと語っていた。

さて、「耳すま」に戻ろう。月島雫の読む本を全て先に借りて読んでいる「天沢聖司」。やがて、その天沢聖司が同級生だと知り、二人はある出来事から偶然出会うことになる。ある日、雫が図書館へ向かっていると、変な猫を見つけ、その猫を追いかける。坂を駆け上がると、これまで見たことないお屋敷町に猫は雫を導く。そこにあった洒落たアンティークショップへ猫は入っていった。後を追った雫は店で意味ありげな老人と出会う。彼は地下の工房でバイオリンを作っていた。その老人は天沢聖司と深い関係にあったのだ・・・・・。

このドラマに繰り返し響くのがジョン・デンバーの「カントリーロード」だ。この歌を日本の多摩ローカルに見たてた訳詩で聞かせるのが、実に効いている。この原作が少女コミックだったそうだが、音楽の能力(ちから)を宮崎はうまく使って効果をあげている。そして、なによりアニメ効果があるのは、幻想シーンの浮遊感覚だろう。雫が天空に足を踏み出す場面など、アニメでしか表せないものだ。宮崎はうまい。

トトロのときも感じたが、この耳すまでも背景というか、物語の舞台の風景が素晴らしい。坂道、郊外電車の通過する町、崖に立つアンティークショップ、など。とくに坂のある町がロマンを感じさせる。どこかで見て感じた風景だなと考えたら、大林宣彦「さびしんぼう」とよく似ていた。私の住む大磯とも似ている。

このアニメを創ったのは宮崎駿と思っていたが、タイトルロールで彼は総合プロデューサーで、実際に担当したのは近藤喜文という人物だということを知る。その監督は47歳の若さで死んだという。どんな人だったのか少し気になる。新潟県出身で象のようなやさしい風貌は、あのトキワ荘の寺田ヒロオを想起させるではないか。
こういう物語が好きなのだが、「もののけ姫」あたりから私は宮崎アニメと少しずつ合わなくなってきている。もう一度、宮崎にはこういう世界に帰ってきてほしいと思う。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-20 00:22 | Comments(0)
<< 耳をすませば2 逆光線で人生を眺める >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧