人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの銃声

2つの銃声

忌まわしい事件が、日米で起きた。長崎で市長が狙撃されバージニアで30人の学生が乱射されたのだ。二つの事件を軽々にくくることは許されない。だが、双方に共通するある事柄について取り急ぎ考えておきたい。

この事件がリアルタイムで記録されていたということだ。ビデオテープに収録されていた。
ただし音声であって画像は事件と直接の関わりがない。

話はずれるが、最近「記録」という言葉に抵抗を感じる。この言葉は本来読み書きから発生したであろう。記とは文字をしるす、ということから由来すると思われる。とすると、文字以外で「記録」するビデオのような場合そのまま記録と表すことに居心地の悪さを感じる。
録音、録画という言葉がある。これとて、録音機と無声映画のように機能が別々の場合は有効であったが、画像と音声が合体したビデオレコーディングが出現してくると、録音、録画と併記するのが馴染まなくなっている。仕方がないので“暫定的”に「記録」という言葉が使われているのだが、いまだに記録にとって変わる有効な言葉が生まれていない。

英語で記録するというのは概してレコードを使う。だが、これは音声中心の記録というニュアンスが強い。歴史的に音声レコードが先行してきたからだ。
こういう状況を、新しい言葉でとらえようとするウゴキがないでもない。エクリチュールと言う言葉だ。本来は紙に刻んだもの、記したものという意味であったが、近年は一般に何かに刻んだものという意味に用いられることが出てきた。音のエクリチュールなんていう表現が出て来ている。
とにかく、映像の時代の今、記録という言葉を再考したいと考えている。

銃声の映像(ここでの映像は画像プラス音声という意味)に戻ろう。長崎の映像は市内の午後8時の市内夜景の画面に、町の騒音に混じって「パン、パン」と2発銃声が聞こえる。
バージニアの映像は、事件当時現場付近を漫然と撮っていたものだ。そこに銃声が10発以上聞こえてきて、画面がおおいに揺れる。事件が発生して撮影者が動揺したらしい。

この二つの映像はどういう意味をもつのだろうか――。
長崎では、2発の銃弾が市長の体を射抜く瞬間を記録している。その姿は見えないが音が殺戮の瞬間を表象してくる。画像は事件同時刻の場(天候、環境)を大きくとらえている。
バージニアはさらに生々しい。複数発の銃声の間隔が、事後的に聴く(かつ見る)者に被害者の恐怖の感情をまざまざと表象(represent)してくる。

銃器の発射音をなぜ銃声と言うのか分からないが、この二つの銃声は明らかにノイズではなく音ではなく怒りと恐怖の入り混じった声として聞こえてくるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-18 13:50 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 逆光線で人生を眺める 明日は句会 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧