人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

明日は句会

明日は句会

先輩のHさんから電話があって、明日の夜、二人だけの「句会」を行うことにした。
といっても、句作をするわけではない。芭蕉と蕪村の気に入った句をそれぞれ20、互いに列挙しようというのだ。

Hさんと俳句の話をするようになったのは、彼の引退する直前だったから最近のことだ。まさか、ロックの神様が俳句が好きだとは思いもよらなかったのだ。

でも、話をしてみると、Hさんの俳句への造詣は深いことが分かった。そこで二人だけの句会を催そうということになった。最初は、杯を交わしながら、名句を鑑賞することから始める。その最初が芭蕉と蕪村だ。

と思って、さっそく準備をした。私の気に入った二人の俳聖の句を選んでみた。やって驚いたのだが、芭蕉はいい句をたくさんもっているということだ。蕪村のいいものは本当にいいのだが、数において芭蕉とはかなり見劣りする。

句を味わうのは当該の句と同じ季節でないと、なかなか共感しがたいことを発見した。
この道を行く人もなしに秋の暮
いい句だとは分かっているが、同じ季節にある次の句のほうに肩入れしたくなる。
行く春を近江の人と惜しみける
やはり、季節を実感しながらのほうが句は理解しやすいのだ。私の修業がまだ足らないのかもしれないが。

今回、調べていて理解が進んだ句がある。
木のもとに汁も膾(なます)も桜かな
てっきり、花見の宴会の句だと思っていた。毛氈の上で重箱を広げて、卵焼きやなますをみなでつまむ。その上に桜のはなびらが散りかかる。こういうイメージだった。

ものの本によると、汁も膾も、というのは江戸時代の慣用句らしい。なんでもかんでもと言う意味らしい。そうやって読めば、花の下にあるすべてのものに散り掛かるという風景だ。そうでないと、汁というのが理解できない。これが分かってはたとひざを打った。
だって、当時魔法瓶があるわけでなし、ぬるくなった汁を飲んだのか、どうやって汁ものを運んだのか、結構疑問だったのだ。

明日は、渋谷の駒方どぜうでHさんと楽しい句会だ。この発見を語ることにしよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-17 19:03 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 2つの銃声 詩が来たのか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧