人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

再訪「心の旅路」

再訪「心の旅路」

今朝の大磯は、鶯の声がしきりにする。鶯の声は特定の個人や思い出ではなく懐かしさ一般を呼び出してくる。くもった空に声がひびくと、ぼんやり懐かしさが広がる。

昨夜、「心の旅路」を久しぶりに見た。いい映画というのは見るというより訪れるという感覚にちかい。その世界に入ってゆく気がした。

20年ぶりに改めて見たせいか、以前には気がつかなかったことにも私の意識が及んだ。ロナルド・コールマンはメロドラマの主役にしては老けていると前見たときに感じていたが、スミシィと実業家の二つの顔をもつには、これぐらいの分別ある男でないと深みが出ないと納得した。それにしてもコールマンもグリア・ガースンも目の演技のすばらしいこと。すれ違ってゆく二人の心境が観客によく伝わる。マーヴィン・ルロイ監督の演出が冴えている。

記憶がこのドラマの主題であることが、「冬のソナタ」とよく似たテーストをかもしているのだろう。コールマンがなくした記憶を辿ろうとしても、ある地点から薄れてゆくという内面を、実際の霧の風景でよく表していた。

最後の場面で、二人がかつて暮らした家にコールマンがたどり着く。ポーチの戸を押すと立て付けの悪い音がする。昔よく聞いた音だ。さらに玄関に向うと満開の桜の枝が顔にあたるので避けようとする。この行為にも昔の覚えがある。そして、最後に鍵を鍵穴にさしこむ。ぴったりとはまる。戸が内側に大きく開かれる。この間、コールマンの表情はいっさいない。後姿だけだ。だが、ひしひしとコールマンの驚きと喜びが伝わってくるのであった。

「冬のソナタ」の不可能の家を思い出した。ユジンが船に乗って島にやってくる。森を抜けて不可能の家に向う。それまでそこにいたチュンサンは帰ってゆく。すれちがう。
ユジンはその家を初めて見たにもかかわらず一つ一つ見覚えがある。そこへ忘れ物をとりに帰ってくるチュンサン…。この場面の美しさが久しぶりによみがえって来た。

「心の旅路」で語られるセリフにマイメモリーというのが心に残る。
あ、そうか。「冬のソナタ」の主要な歌の題名と同じか。私は「心の旅路」を見ながら「冬のソナタ」を重ねて見ていたのだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-16 08:11 | 冬のソナタの秘密 | Comments(1)
Commented by tomo at 2007-04-16 09:02 x
「心の旅路」・・・母が若かりし頃すごく好きだった映画のようです。35年くらい前にTV放送されているのを懐かしそうに見てる母がいました。当時の私は内容についてあまりわかっていなかったのですが、ラストシーンはなぜか覚えてるんですよ。
今なら充分理解できると思うのでぜひ見たいです。
<< 詩が来たのか トキワ荘の伝説 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧