人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

漫画は悪書か

漫画は悪書か
漫画は悪書か_c0048132_11184226.jpg



敗戦後まもなく、大阪を中心とする「赤本」といわれる粗悪な漫画本が大量に出版される。大半は怪奇、スリラー、時代もの、探偵ものの安易なストーリーで、「悪どい絵と文で書きなぐった」漫画だった。手塚治虫の「新宝島」も赤本の一つだが、こんなレベルの高い作品は例外だった。この赤本が貸し本漫画へと育ってゆくのだ。

昭和35年ごろ、貸し本屋が全盛だった。駄菓子屋か玩具屋か文房具屋の一角に大きな本棚があってそこに漫画を中心とする貸し本がずらりと並べられていた。

全盛期には貸し本屋は全国に3万軒あったという。版元は大阪や名古屋の弱小出版社だった。「劇画」というのが生まれたのは大阪の日の丸文庫だというのは有名だ。

私が夢中になった貸し本は佐藤まさあきのハードボイルドタッチの作品だった。暗いじめっとした絵柄で、やたら銃が出てくる「社会派」漫画だった。彼の作品には弱者の恨みや権力を持つものへの反抗が通奏低音として響いていた。貧しい家で生まれた男が殺し屋となり、最後は警官隊と銃撃戦になり殺されていく、という物語りが定番だった。当時流行っていた日活アクション映画のにおいがした。

他の漫画と佐藤のそれが違うのは銃に対するこだわりだった。佐藤はさいとうたかをなどに比べると画はけっしてうまくないが、やたら銃だけはリアルに描いた。彼自身ガンマニアで本物のライフルを数丁所有していた。そのことを貸し本漫画のなかでもとくとくと語っていて、少年である私たちは憧れたのだ。コルト32、ウィンチェスターM73、ブローニング、モーゼルE712、ワルサーP38、などピストルの名称を覚えたのも、佐藤の漫画からだ。蛇足かもしれないが、佐藤の作品を私は漫画ではなく劇画だと当時も今も考えている。

ちょうどガンブームが起きる。私はプラモデルのガンを集めることに夢中になる。そのうちに上野の中田商店から金属製のモデルガンが発売される。欲しくてたまらなかったが、高価で手に入れることはできず、佐藤の漫画本の扉にあるガン写真を切り抜くことだけが喜びとなった。

ところがテキストは貸し本である。自分の本でもないのに切り抜いたものだから、たちまち貸し本屋の親爺に知れるところとなり、我が家へ弁償しろと怒鳴り込んできた。父は留守で母が応対してくれておおごとにならずに済んだが、貧しい家計から母が本代を支払うのを見て、私はひどく心が咎めた。

佐藤まさあきの作品が悪書だとして追放の槍玉にあがるのは1959年秋のことだ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-04-15 10:47 | Comments(0)
<< トキワ荘の伝説 漫画とSF >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧