人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

国際化する大伴昌司

国際化する大伴昌司

本日、品川でルクセンブルグ人と会食した。私と大伴の母上、ルクセンブルグ美術館学芸員ビョルン・ダヒストロム氏、通訳シマ・プズーさんの4人だ。

現在建設中のルクセンブルグ国立現代美術館が、5月にオープニング展覧をする。テーマは「ツモロー・ナウ」。現代美術のあれこれを陳列することになっていて、その中に大伴昌司の「怪獣解剖図」を陳列したいと申し入れてきたのだ。

詳しい話を聞くため、私と母上がダヒストロムさんとパシフィックホテルで会ったのだ。
私は大伴の原画数枚と怪獣図鑑を持っていった。彼が借りたいと言っている作品は、少し見当違いをしているように見受けられたので、その意識を訂正してもらうためだ。

彼はニューヨークで開かれた「リトルボーイ」展のカタログを見て、大伴の作品に関心をもっていた。だが、その作品は大伴ワールドの本質を示しているとは思えず、私はバルタン星人とカネゴンの大伴解剖図を用意した。

テーブルの上に図を広げると、氏の目つきが変わった。そして、「怪獣図鑑」を手にとると、次々にページを繰った。素晴らしいと、ため息をついた。大伴の作品にはユーモアがありヨーロッパ文化とも相通ずるものがあると、氏はいっきに語った。

それから2時間、昼食をとりながら日本の現代文化について意見を交換した。母上が97歳で元気に活動していることに敬意を表するとともに、戦前からの女性ジャーナリストと知って、さらに子息の大伴昌司への関心を深めたようだった。

ダヒストロムさんは明後日私のオフィスに来て、レンタルしたい作品を決めて保険金額を確定することとなった。

大伴はアメリカのみならず、ついにヨーロッパでもお目見えすることになる。今、パリのオペラ座で歌舞伎が上演されて評判をとっているが、大伴の怪獣がヨーロッパのルクセンブルグでも話題になるのは必至だろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-27 15:23 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 植木等さんの死 楽に番組は出来ない2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧