人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

少年誌ブームの時代

少年誌ブームの時代

土曜日に放送した「あしたのジョーの、あの時代」はたくさんの人が見てくれたようだ。
今朝も出社すると、いろいろな人から声がかかる。総じて年配、つまり団塊に近い世代が多いのだが。

さて、この番組を企画したのは大伴昌司を検証するためであったことは、このブログを読んでいる人であればすぐ分かるだろう。
まさに、「あしたジョー」の時代は大伴昌司の時代と重なるのだ。あの頃、少年マガジンが100万部を突破し大勢の読者を獲得した大きな要因は、一つはジョーでありもう一つは大伴の巻頭図解であった。この時代を評論家の呉智英は、「昭和40年代というのは、戦後、マンガブームの第2期黄金時代であった。」と言っている。


1期は昭和20年代から30年代前半の貸本や月刊誌が流行した時代、この当時の読者が団塊世代で2期の中心にも彼らはなる。1期当時は小学生で、2期には高校生から大学生になっていた。大学生がマンガを読むと世間の顰蹙をかったのだ。  

呉はこの第2期で6つの作品を高く評価している。ギャグマンガを根底から変えた「天才バガボン」、風俗を変えた「同棲時代」、アメリカ的要素が最初に入り込んだ「サイボーグ009」、時代を挑発したギャグマンガ「ハレンチ学園」、闇の世界をとりあげた「悪魔くん」、そして描き手と原作者の分業として作り出した「あしたのジョー」である。

そして「あしたのジョー」と併走するかたちで大伴が次々に森羅万象を図解化していくのだ。昭和44年に提示した「情報社会」はまさに40年後の現代を透視していたのだ。

 現在の少年誌には大図解はない。大伴の死とともにそれを代わって担当するものもいなかったこともあるだろうが、時代はその役目を振り落としていった。マンガはますます盛んになりオタク達を生み出し進化していった。

 だが、果たして少年誌はかつての活力をもっているだろうか。マンガの物語は複雑化しスーパーリアルな画がふえたが、マンガの活力は少しずつしぼんでいるような気がしてならない。

今、力石の死に涙したような共感を、読者はもっているだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-26 15:29 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(1)
Commented by ナギ at 2007-03-27 20:27 x
自分はたまに立ち読みする程度ですが今の少年誌のレベルの低さには驚きます。画力はあるけど面白くないというか、昔と比べて逆です。エロ本からエロシーンを取り除いたようなマンガが目立ちます。それに比べて少女誌は活気付いてますよね。頻繁にドラマ化していますし「のだめカンタービレ」は1600万冊以上売れました。少年誌は稀にアニメ化する程度で視聴率は一桁です。極論になりますが戦後の欧州や英国では学業における少女の成績は少年を上回るというのが常識らしいですが、日本もそうなりつつあると思います。
<< 楽に番組は出来ない2 春は蕪村 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧