人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春は蕪村

春は蕪村

先日、図書館で蕪村を三冊ほど借りたが正解であった。この人は思っていたとおり春の詩人であった。このことを力説しているのが、評論家の森本哲郎だ。彼の『月は東に』(新潮社)にはどれほど蕪村が春を愛し春を意識していたかを克明に描いている。

春と言っても、現在のような早春から春たけなわ、晩春、惜春まで多様な顔がある。本日は行く春、惜しむ春にこだわった蕪村をメモしておこう。

けふのみの春を歩いて仕舞いけり
今日で終わってゆくであろう春を惜しむ、蕪村のこころ。

来週は桜の見頃となるそうだ。花の季節は春そのもの。
花に暮れてわが家遠き野道かな

桜の満開は大きな寺院こそ華やかなもの。夕暮れになると、その大門も錠がかかる。
大門のおもき扉や春の暮

蕪村という人はユーモアがそこここにある。
行春や眼にあはぬめがね失ひぬ

ところで蕪村は小さな世界が好きだということはよく知られている。
桃源の路次の細さよ冬ごもり
小さな路地の奥に隠れ住むようにして冬ごもりをする人。どんな贅沢をするわけではないが仕合せに満ちた人生と言えないだろうか。路地の奥にあるユートピア。こういう気分を尊んだ蕪村だもの、春をみつけるのもさりげないのだ。

今宵、雨上がりの白金台をポケットウィスキーをラッパ飲みしながら散歩した。寒さは少しゆるんで町の明かりもけぶっているようだ。蕪村の路地と違ってお屋敷が並んでいるのだが、路地の細さだけは風情がありぶらぶら歩くのも悪くはない。ニッカのポケット瓶はよくまわる。ふらふらして線路端を歩いていたら、パトロールの自転車に乗ったおまわりさんに呼び止められた。どこまで行くのかと聞くから、「あっち」と指さしたら、「少し飲んでいますか」と言う。春なのでと答えたら、交番へ連れて行かれた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-26 00:12 | Comments(0)
<< 少年誌ブームの時代 真面目なアナウンサー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧