人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

「他者性」を利用して

番組制作――「他者性」を利用して

 先日のセミナーで以下のようなことを話した。舌足らずではあるが、番組制作の現場の知恵として受け止めてもらえたら嬉しい。

 表現とは他者に伝わって完結すると映画監督伊丹万作は書いている。テレビ番組もそうであろう。
 番組制作には企画、取材、編集という過程を経て形を整えてゆくという一定のセオリーがある。その過程の中に他者性を織り込んでゆけば、ディレクター(D)は独り善がりの番組を作らずにすみ、番組は一段グレイドアップするのではないだろうか。ちなみに他者性とは英語でothernessのこと。私ないし私の世界に対して他者のもつ超越性や外部性を指す。

 最初の企画段階ではプロデューサー(P)が他者である。彼を説得するような企画を立てるべきだ。Pは時代を読みつつ観客の立場を保持している存在だから。この人物を理解させるためにしっかり企画書を書くこと。ここで番組の足場が出来る。

 次ぎに取材段階ではスタッフが他者である。撮影にしろ録音にしろ、自分ではないスタッフつまりカメラマンや音声パーソンが“代理”で行う。彼らが理解納得して初めて映像が可となるのだ。Dはスタッフの理解を促進するために構成要素をある流れで並べた取材構成表を作らなくてはならない。番組の流れを示して現場の意味をはっきりとさせる必要がある。番組は生き物であるから流れはどんどん変化する。その変化に応じて取材構成表もどんどん書きなおしその都度ディレクターはスタッフに新しい構成を提示してゆく。取材構成表とはDからスタッフへのいわばラブレターだ。
 取材でのもう一人の他者は取材対象者だ。この人物をDは自らの企画に巻き込んでいかなくてはなるまい。これはなにも賛同させるだけのことではなく反対意見も含めてのことだ。その意味でインタビューは他者と交差する重要な場となる。

 最後に、編集段階では重要な他者がいる。編集パーソンだ。この人物は現場を知らない。知らない者として理解できるように編集を組み立てていくべきだ。Dが知ったかぶりで編集のイニシャチブをとらないこと。少なくとも対等の立場でいるべき。そのためにDは取材構成表から発展した編集構成表を書く必要がある。

 企画―取材―編集と進んできて他者の在り様が浮かび上がってくる。作者を知らず現場を知らずましてやこの番組が作られていった事情も知らず、目の前の番組だけで判断する他者、それが観客だ。彼こそ最大の他者なのである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-23 10:37 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 今夜放送「あしたのジョーの、あ... 卒業の季節か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧