人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

テレビの一過性

テレビの一過性

テレビドキュメンタリーを25本続けて見ている。去年制作された秀作25本だから見ごたえがある。

あらためて、まとめて見ると、その主題や素材が実に多様であることが分かる。白いライオンを探す話から若年認知症、癌末期の闘病、紀行、美術、仏教、人物伝、民俗、児童虐待から恋物語まで、よくこれだけネタがあるものだと感心するほどだ。

今朝は「満蒙開拓団の悲劇」と「児童相談所の取り組み」の2題見た。両方とも制作者の熱意が伝わってくる。前者は中国残留孤児とならざるをえなかった男性の個人史とそれをとりまく国家の策謀というロングレンジの作品、110分という長大なものだ。後者は埼玉中央児童相談所の児童虐待に対する取り組みを、現在進行形で描いた作品、45分である。

その番組に登場する人物たちの気高さけなげさに心打たれる。と同時に、こういう秀作が一回しか放送されず、世の多くの人の目に触れる機会がほとんどないということに気がついて愕然とする。

テレビ批評に対する批判がある。番組を批評したものを読んでも、それを見ていないのでなかなか批評の内容が理解できない。さりとて番組を見ようと思っても見る機会がないので、批評のあて先は制作者であって結局視聴者は置いてけぼりをくっているのではないかという批判である。

文芸批評は読者にも意味がある。その批評を読んだ後に作品(書籍)に出会う機会はありうるから。さらに、新しい書籍出会える効能もある。映画の新作批評にしても読んだあと、その映画を見る機会はある。
テレビ批評はそうはいかない。その批評を目にしたあと、視聴者がそれを見たいと思っても、それが可能になる機会はほとんどないだろう。たいていの番組は本放送だけで再放送はほとんどない。見逃したら二度と見ることができない。

テレビは時代を意識しているから、時期を失するということを嫌うことは分かるが、たった一回だけの放映というのはいかがなものか。時事ドキュメンタリーではない、人間を描いたり歴史を凝視したりするドキュメンタリーであれば、何度も繰り返して放送してもいいのではないだろうか。その場合は放送局の系列を超えて、どこかの局の深夜の時間帯にずらりと並べて見せることができないものだろうか。もちろん、著作権や出演者への再放送による支払いの経費がある程度発生するだろうが、それを負担したとしても放送局にとっても十分メリットがあると思うのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-21 13:03 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 編集装丁家 ドヨン王子、ヒョジュ姫の丁寧語 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧