人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夜の桃

Mizumakuraの起源

俳人とはよく言えば風狂、はっきり言えば変わり者が多い。世間のタガが外れているから凡人のわれわれは憧れ、かの人が作る句を読んで引かれるのだろう。

私がこのブログの号に使っているmizumakuraは、西東三鬼の句からとっている。
 水枕ガバリと寒い海がある
この句は、三鬼が急性の肺結核で高熱がつづいたときに得たものだ。

三鬼は写真を見ても分かるとおり悪美男だ。コールマンひげをたくわえた風貌はダンディにして胡散臭い。
戦前のシンガポールで歯科医として働いていたという経歴からしても胡散臭さは半端ではない。

戦時下の昭和17年から21年まで、三鬼は神戸のトーアロードにあるホテルに身を沈めていた。白系ロシア人、トルコ人、エジプト人や朝鮮、台湾の人に、日本人12人がいた。日本人の10人はバーで働く女たちであった。ここで、三鬼は通りを行く人の姿を日がな一日眺め、女たちや外国人の相談に乗るという無為の暮らしを送った。

まるで芝居の世界だ。実際、これはテレビドラマにもなった。三田佳子が主演した「冬の桃」である。演出は夫のタカハシヤスオさんがした。この題「冬の桃」は三鬼の句に由来する。
中年や遠く実れる夜の桃

夜の桃が最初の題であったが卑猥だという意見が出て冬の桃にしたさと、ヤスオさんから話を聞いた。彼の行き付けの飲み屋の棚にます酒の枡が並べてあって、その底に言葉を記して自分専用だと分かるようになっている。そこにヤスオさんは、「中年や」の句を書きつけていた。

三鬼はいろいろな女と浮名を流したが、本当はどうやらババ専だったという話がある。18歳のときに母を失っていて、終生母を恋しく思ったというのだ。こんな句がある。
緑陰に三人の老婆笑へりき

先の神戸のホテルだが、三鬼のもとへ波子という女が転がり込む。東京時代に知っていたチャブ屋の女だ。彼女はある男を追って神戸まで来たが理由あっていっしょになれず、ジャワのカフェーの女給にでもなろうと神戸から乗船するつもりでいたのだ。ところが、彼女の仲間が事件に巻き込まれたため、巻き添えをくって足止めになり、たまたま旧知だった三鬼のもとへやってきたのだ。

仲間が関係した事件とは「ゾルゲ事件」だ。

三鬼自身、京大俳句事件に連座して京都警察本部によって検挙され、釈放された身となって神戸にふらふらとやって来ていた。

こんな三鬼の戦後は、俳句とともに生きる。晩年、葉山に住んだ。そして昭和37年に62歳で死んだ。そこまで、私はあと三年。
ちなみに、同じ風狂の俳人種田山頭火は享年59。今の私である。私の場合、馬齢59。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-19 13:24 | わが心のシーン | Comments(0)
<< ドヨン王子、ヒョジュ姫の丁寧語 1958年 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧