人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

イノチガケで表す

ちばてつやとソ・ドヨン

今、2つの番組を平行して制作している。
1本は3月24日放送の「あしたのジョーの、あの時代~団塊世代・心の軌跡~」。もう一本は3月31日放送の「ようこそ『春のワルツ』へ」である。2本とも、編集作業の最後の段階にある。昨日、「春のワルツ」を私が試写し、「あしたのジョー」は局のプロデューサーとともに試写した。

まったく毛色の違うものを担当していると思われるかもしれないが、双方に登場する人たちはそれぞれ魅力的で、「表現する」ということにおいて一生懸命だ。

ちばてつやさんは「あしたのジョー」を描いていた1970年ごろ、胃潰瘍を患い連載を休止することがあった。ジョーの放ったテンプルへのパンチが力石を死に追いやったとして、力石死後、ジョーはテンプルへの攻撃が出来なくなるばかりか、パンチを放つと嘔吐するようになってゆく。それを描いているちばてつや自身も描きながら吐き続けることになった。このままいったらジョーもちばも危ないと連載は休止されることになる。

数ヵ月後、ちばさんは恢復し執筆を再開する。再び誌面に現れたジョーこと矢吹丈は以前よりもまして厳しい線で表現されその人格は深まっていた。

「春のワルツ」の主演ソ・ドヨンさんは新人から大抜擢されたとして、昨年初めから始まった撮影では張り切って演技していた。韓国のドラマはいわゆる「撮って出し」で、翌週放送分を直前まで制作するハードな体勢だ。
アクシデントはシリーズの半ばを過ぎたところで起きた。親友と喧嘩するシーンで顔を殴られる。演技に力が入ったのと、照明が暗かったこと、寝不足で意識が散漫になっていたことなどが重なって、相手役はソさんの頬骨を打ち砕くほどのパンチを繰りだした。

 ソさんは緊急入院する。手術しなくてはならない。だがすれば連続ドラマに大きな穴があく。ソさんは悩んだ。そして手術はせずに1週間だけ休むことにした。人気ドラマが1週分飛んだのだ。

このときの心境を、彼は「それまでの天国から地獄に振り落とされたようだった」と今回の番組で語っている。この事件を契機に彼は意識を大きく変えた。きれいに写る、上手に芝居をする、ということなど二の次にして、与えられた役を最後までつとめるということに専心したのだ。復帰してからの芝居は大きく変わった・・・。

表現をするということは、ある意味で「イノチガケ」なのだ。2本の番組、それぞれに登場する人物のなんと魅力的なことか。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-08 08:22 | 冬のソナタの秘密 | Comments(4)
Commented by H・T at 2007-03-09 16:47 x
こんにちは、はじめまして。
最近になってこちらにうかがうようになりました。なぜなら「春のワルツ」のファン、ソ・ドヨンくんのファンであちこち検索していたら、コチラに行き当たり、まさに生のドヨンくんのお話が読めるのでとても嬉しく思います。
私も彼の笑い顔がすごく素敵なのと、本当に途中から迫真の演技で見るものをどんどんひきつけるようになった彼が、とても輝いてきたのに、すごく役者としての魅力が全開してきたように思います。
やはりあの事故から彼は変わったのですね。
3月31日の特番、yamatoーyさんのこれだけの情熱できっとすばらしい番組に仕上がると期待しています。
ところで、「春のワルツ」も「冬のソナタ」のカテゴリーなんですね。(#^.^#)
制作追い込み、頑張ってください。楽しみにしています。
Commented by miecolore at 2007-03-10 00:37 x
はじめまして、ソ・ドヨンさんを探してこちらにきました。
番組を作って下さっている方なんですね、トヨン王子ファンは本当に
心待ちにしています。
トヨン君の怪我、本放送の中でのあの音、もう心臓が締め付けられる
気分でした。彼の悲痛な挫折感からの見事な生還、
そして、一皮向けた彼の成長がとてもうれしいです、
でも、怪我はもうこれきりにして、大きく伸びていて欲しいです、
応援しています。
Commented by まりこ40 at 2007-03-10 12:35 x
番組を楽しみにしているドヨンファンです。
16話から見始めたので、怪我の話もファンサイトで知りました。
でも、ドヨン君にとって役者として成長するきっかけになったのであるなら、よかった。よくはないけど。
ノルウェイの森のワタナベを演じてみたいという話。
私は昔読んだきりで、内容も朧気ですが、仲良くしているファンの間で、ドヨン君と思って読み返している人がいます。
私も実家に戻った時、持って帰ってこようと思っています。
ああ、実際に会えて食事までしたなんて羨ましい。
またお邪魔します。
Commented by nanohana at 2007-03-10 13:00 x
「春のワルツ」の大ファンです。雪景色と菜の花畑とすてきな音楽に魅せられて、すっかり夢中になってしまいました。番組を作ってくださってる方がすぐ近くにお住まいだとわかり感激しています。毎日春の光に輝く海を見ながらCDを聴き、目の前に見える大きい島が青山島だったら・・と夢みています。放送を楽しみにしています。
<< 春の訪れ たとえ死の陰を歩むとも >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧