人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

「春のワルツ」の希望

「春のワルツ」の希望

本日の「心の時代」を見て深く感銘した。東北大学名誉教授の宮田光雄さんが人生、信仰について語っていた。熱心なクリスチャンとして生きてきた宮田さんの「信仰告白」であった。その中で、彼が尊敬してやまない、ドイツの宗教家バルトについて何度も言及していた。バルトはナチズムとも対決してひるむことのなかった信仰の人である。

宮田さんが番組の最後に紹介していたバルトの言葉が心に残る。「最後から一歩前の力を出してやっていこう」というような意味だった。最後は神が見守っておられる。だから、どんなに厳しい状況であろうとも否定されることは、最後にはない。人間としてはその究極の最後の一つ前で力を振り絞ればいいのだと、宮田さんは希望をもつことを強調する。すべてを支配する神がいるという希望がいつでも私たちの前にあるのだと語った。

「春のワルツ」のラストで主人公たちが声をそろえて「愛と希望」を語っている。この[春のワルツ」という作品においてユンさんは「許し」と「希望」ということをかなり重視していると、私は思う。

メロドラマと神の言葉をいっしょにするなんてと、言う声があるかもしれないが、私はこの点がかなり重要だと考える。メロドラマを通俗といって切り捨てるべきではないと思う。ましてユンドラマは。宮田さんも信仰と人生を考えるとき文学的にと言っていた。

面と向かって聞いたことはないが、ユンさんはクリスチャンではないだろうか。「冬のソナタ」には一人も死んだ人が出て来ないというのは大切なことですと、対談したとき高野悦子さんが語っていたことを思い出す。ユンドラマのセリフには極めて信仰的な言葉が並んでもいる。韓流ということで韓国ドラマをなんでもいっしょに括る傾向があるが、それには私は反対である。明らかに、ユン作品は他の作品とは違う。

春のワルツでは、希望ということを繰り返し登場人物は語る。けっして絶望してはいけないと説くのだ。

かくれんぼうが春のワルツの隠れた主題であることは知られている。「見えないが、そこにいる」
これは恋人同士の関係だけではないのはと閃(ひらめ)いた。それは神様のことを暗示しているのではないだろうか。神――「見えないが、そこにいる」・・・・・。

「春のワルツ」の最終回20回のタイトルは、「愛と希望の島」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-04 15:55 | 冬のソナタの秘密 | Comments(1)
Commented at 2007-03-06 00:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 梶原一騎とちばてつや 雪のない今年の2・26 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧