人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

雪のない今年の2・26

雪のない今年の2・26
雪のない今年の2・26_c0048132_13292829.jpg

この冬が暖冬であることははっきりしてきた。おそらく、今シーズンは東京および近郊には一度も雪は降らないということになりそうだ。これは私の関東暮らしでも初めてのことだ。

東京はだいたい年が明けてから降ることが多い。1月末から2月にかけてだ。そして雪が降った日に重大な事件が起こるというのは定説化している。
3大雪の中の事件――赤穂浪士討ち入り、桜田門外の変、そして2.26事件である。

昭和11年2月に入って早々から東京は49年ぶりの大雪にみまわれた。26日も朝9時から降りだしていた。陸軍の青年将校に率いられた兵士らが重臣たちを襲撃した。斎藤内大臣らが暗殺された。東北の村々で窮乏する民衆を思って将校たちは立ったのだが、その後、この決起した部隊は反乱軍として鎮圧の対象となってゆく。暗殺の報に接した天皇が「激怒」したことから国を憂う青年らは反乱の汚名を着せられてゆく。軍上層部の思惑、策謀、背信が入り乱れて、反乱は4日後に鎮圧される。その後慌しい軍法会議が開かれ、首謀者は処刑されたのだ。この事件は昭和史最大の謎とされ、未だに真相は解明されてはいない。

この事件が起きたとき、事件関係者の電話が盗聴された。誰が何のために行ったのか、中田整一は30年にわたって、この出来事を追求、取材してきた。このほど、その研究成果を『盗聴 2・26事件』(文藝春秋)にまとめ世に問うた。話題になっている。今朝も読売新聞の書評欄に出ていた。立花隆も書評で高く評価していた。

中田さんは私の大先輩にあたる。数々の名作を制作してきた名ディレクター、プロデューサーである。30代後半に、この盗聴を記録した音盤に出会ったことからライフワークとして、昭和史を追求してきたのだ。

この話題の書を昨日入手し、今朝ずっと読みふけった。大変な労作だ。膨大な資料の渉猟、読み込みを経て書かれたことは一読瞭然だ。しかも、これまでテレビドキュメンタリーとして発表されたものをまとめるだけでなく、その後も続けた取材の成果、そして自らの推測、見解もきちんと添えられている。こういう仕事を続けてこられたことに敬意を表する。と同時に一念を貫いて仕事をしてきたことに、ある羨ましさを感じる。

テレビ制作者だけあって、この著書はけっして無味乾燥ではない。現代史の煩瑣な史実をよく整理して読ませるばかりか、重大事実の発見を解き明かす点は、ほとんどミステリーを読むようである。
それは「北一輝の声」とされている録音盤をめぐっての考察である。青年将校の安藤大尉にキタと名乗ってかけてきた声は、これまで事件の首謀者として目された北一輝と考えられてきた。この録音もその証拠の一つで、だからこそ北は直接事件に参加しないにもかかわらず処刑されたのだ。

ところが、中田はこの声は北ではないと推理する。話をやりとりする口調が軽薄で、巷間伝わる北らしくないと思ったのだ。やがて、この声が録音されたとする2月29日には、北は憲兵隊に逮捕されていて、電話をかける立場がないということを、中田は浮かび上がらせるのであった。

私にとって2・26事件が身近に感じたのは大伴昌司との関連である。彼はこのさなかに誕生している。都心の病院を退院して中野の実家に母子ともに帰宅しようと思ったら、交通が遮断されていて困ったと、母の四至本アイさんが語ってくれたことがあったのだ。「あの日は大変な雪でした。それにあの事件でしょう。生まれたばかりの子を思って必死で非常線を越えてゆきました」
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-03-04 13:29 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 「春のワルツ」の希望 春が来れば思い出す >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧