定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

残る寒さや

残る寒さや

久しぶりに寒がもどった。本日の日曜日、国立大学の入学試験が行われている。私らのときは国立一期校は3月3日から5日までだった。この日は、金沢は必ずと言っていいほど雪が降ったものだ。今年は稀な暖冬でいささか季語とは実感がずれてはいるが。

だが、この時期―冬の終り、春のきざしという時期―はいい句が多い。ふさわしい句を句集の中から半日かけて摘んでみた。まず蕪村だ。

隅々に残る寒さやうめの花   蕪村
寒さは冬、うめは春の季語である。まさに本日のような姿を表しているではないか。端境期であることを示している。この時期、春がすぐ側にあるようでなかなか来ないということもある。春が近づきながら突如寒さがぶり返すことも多々ある。

鎌倉を驚かしたる余寒あり   虚子
 鎌倉を大磯と置き換えても地理的には問題はないが、風土という点で寺社が多く古都であった鎌倉でなければこの句成立しないだろうと、思ってしまう。

寒さは時には雪に変わることもある。春の雪だ。この雪には遠い昔を思い起こさせるものがある。次の句はあまりに有名だが、私には12月、1月の雪とは思えず、3月近い春の雪を連想するのだ。
降る雪や明治は遠くなりにけり  草田男

しぐれは冬の季語だが、春と冬の間にあたる今日のような日に降る雨をしぐるると呼びたい思いもする。行乞の俳人種田山頭火が冬の終りのしぐれの中を歩く姿が浮かんでくる。
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る  山頭火

同じ「しぐるる」も現代の俳人が詠むと悲哀が退いて明るさが生まれる。
しぐるるや駅に西口東口     安住敦
この句は解説によると東急線田園調布駅を指すらしいが、新宿や渋谷のような大きなターミナルでも悪くないと私は思う。

春を告げる花は紅白の梅と並んで、連翹の黄色であろう。
連翹の雨にいちまい戸をあけて    長谷川素逝
 一雨ごとに暖かさを増す雨、それが連翹の雨だ。

麗しき春の七曜またはじまる    誓子
春が本格的に訪れれば、心浮き立つものがある。一週と言わず七曜と言えばカラフルな華やかさが表れるから不思議だ。俳句の措辞ということを考えさせられる。

そして春がすっかり定着する時期になれば、春の海は豊かさを増す。海坂(うなさか)とは水平線を言う。それが張り詰める豊かさ――
りんりんと海坂張って春の岬    多佳子

午後、もみじ山の頂から海を眺めた。芽ぐみをはじめた木々の間から青さを増した相模湾が大きくふくらんでいた。


c0048132_17133891.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-25 17:09 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 菜根譚(さいこんたん) 嘘と実(まこと)の間 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧