人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

嘘と実(まこと)の間

嘘と実(まこと)の間

森鴎外の歴史小説を本日続けさまに読んだ。とりわけ「大塩平八郎」と「堺事件」が面白かった。彼の歴史の扱いについては後世いろいろ論議を呼ぶところだが、小説の面白さを追求していることには共感する。
大塩の乱の当日についてはわずか10行ほどにまとめられた史実が伝わるだけなのだが、鴎外はこれを土台に“歴史小説”を作り上げている。「大塩平八郎」の付録で鴎外が興味深いことを記している。

《時刻の知れているこれだけの事実の前後と中間とに、伝えられている1日間の一切の事実を盛り込んで、矛盾が生じなければ、それで一切の事実が正確だと言うことは証明せられぬまでも、記載の信用は可なり高まるわけである。私はあえてそれを試みた。そしてその間に推測を逞しくしたには相違ないが、余り暴力的な切盛や、人を馬鹿にした捏造はしなかった。》

数少ない史実を縫って推測したが、矛盾破綻がないのでまあよしとするか、と言っているのだ。
今の目でみればずいぶん乱暴な気がしないでもないが、大正初年頃ではこういう表現が許されたのであろう。鴎外は実際こんな操作をしている。

大塩一派が乱が破れて逃走をはかったくだりだが、史実としては2月19日に事件が起こり、24日には大阪の商家に潜伏していることしか分かっていない。その間、同志の一人渡辺が河内田井中村で切腹し、またある同志瀬田は同恩地村で縊死して、いずれも22日に発見されているだけだ。それしか記録はない。そこで鴎外は大阪―田井中村―恩地村に線を引いて推測した。それによると、大塩一行は大阪から河内国を横断して大和国へ入るルートが浮かび上がり、鴎外は大阪から出て大和境の信貴越えをしたと推測して話を作っている。いかにも見てきたかのように森鴎外は書く。

《平八郎は瀬田に、とにかく人家に立ち寄って保養して後から来るがよいと言って、無理に田圃道を百姓家のある方へ往かせた。その後影をしばらく見送っていた平八郎は、急に身を起こして焚き火を踏み消した。そして信貴越えの方角を志して、格之助といっしょに、また間道を歩き出した。》

焚き火を踏み消すなどという場面など、ほとんどそこに「カメラ」があるかのような書きっぷりだ。しかし、はっきり言って何の根拠もないのだ。
ここまで書かれると本当にあったかのように思えるが、根拠はまったくない。あくまで鴎外翁の脳裏の中で浮かんだことである。こういう推論、揣摩臆測が、後に大岡昇平によって厳しく批判されることになるのだろうか。

話はガラリと変わって小松左京がこんなことを書いている。
《文学とは元来が荒唐無稽なものだ。フィクションの語源は「嘘」。そこにある素材を使って、面白い嘘をつくるのが文学だ。》
SF小説の援護の文章だが、このSFは科学を使った嘘である、ところが時々、その嘘から実(まこと)が出る、と小松は力説している。

さて、鴎外の「大塩平八郎」は現代ならばドキュメンタリーのカテゴリーだろうか、それともドラマのジャンルだろうか。このアポリアが、テレビの世界でも20年以上にわたり制作者の頭を悩ましている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-02-25 03:12 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 残る寒さや ヒール >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧