定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

1966年の春

あしたのジョーのあの時代とは

あしたのジョーが少年マガジン誌上で連載が始まったのは1968年1月1日号からだ。それから5年間続く。この時代こそ戦後の大きな転換点になる。特に団塊の世代にとってはきわめて重要な時代となる。と私は考えている。あの時代の輪郭を極私的に描いてみよう。まずは、あの時代が始まる前のことだ。

1966年(昭和41年)、田舎の高校を卒業して私は金沢の大学に入った。2年前に東京オリンピックが行われ、徐々に日本国内の輸送交通網が整備されていた。白黒テレビがかなり普及し、全国で同じ情報が共有されるようになっていた。といっても全体としてはまだ貧しさがあちこちにあった。
金沢はさすがに北都にふさわしく犀川、浅野川という2つの大きな川のほとりに30万ほどの人が住んでいた。ちなみに江戸時代、東京、大阪、名古屋、京都に次いで、金沢は5番目に大きな町だったということを先日知って金沢のもつポテンシャルに驚いた。
金沢城を中心に町が広がっていた。大学はその城内にあったので何処へ行くにも便利であった。大手門を降りたすぐ傍にNHK金沢放送局があった。そこから50メートル先の中町の仕舞屋に私は下宿した。代々金沢藩の御典医だった家で間口は狭いが奥行きの深い大きな家だった。女系一家でおばあさんと未亡人とその息子がいた。下宿人は大学生が私を含めて二人、短大生が一人、そして社会人がいた。彼は私と同年の新米警察官だった。

4月、入学してまもなく下宿の先輩とおばあさんと3人で兼六園に花見に行った。北国の春は華やかだ。長い雪の暮らしを終えた喜びがあふれ出る。おおぜいの人が出ており夜店も並んで賑やかであった。広坂通りまで出たときだ。
遠くで騒ぎが起きていた。石浦神社の交差点あたりが騒がしい。かすかにスピーカの声が聞こえる。なんだろうと私が首をかしげると、先輩は学生デモさと答えた。これがあの60年安保のときに勇名を轟かしたデモかと珍しく眺めた。

人びとはそんなデモにも目をくれず、兼六園の大小の桜の樹木に見入っていた。今思い出しても清親の絵のような幻燈イメージの花見だった。与謝野晶子ではないが今宵会う人皆美しき、と18歳の私は思った。その2年後にこのデモの数百倍数千倍大きな闘争の炎が全国の大学で燃え盛るとは夢にも思ってはいない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-22 16:51 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 白い恋人たち 友達百人できるかな >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧