定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

あの時代

あの時代



昨日、護国寺にある講談社の大ホールで「あしたのジョーの、あの時代」のロケ収録をした。

会場は、37年前に「力石徹の告別式」が行われた所縁の場所である。ここに当時と同じくリングを設営し、ジョーと力石の大きなパネルを飾りこんで、トークの舞台とした。

司会は団塊よりちょっと下の夏目房之介さん。広い意味でのベビーブーマーだ。ゲストは宮崎学さん、残間江梨子さん、猪瀬直樹さん、である。朝7時から準備が始まり午後5時過ぎ、無事収録を終えた。詳細は3月24日放送のETV特集「あしたのジョーの、あの時代」をご覧いただきたい。印象に残ったことを1つ2つ書いておこう。

突破者、宮崎学さんは実に魅力的な人物だった。1968年当時、早稲田大自治会の活動家としていわゆる全共闘とは対峙する関係にあったのだが、心情はほぼ同じであったようだ。当時の時代の気分というものを明快に語ってくれた。70年への戦いは政治闘争ではない、もしそうであるなら結果を得ることが目的化するはずだが、そうではなかったと言い切ったことが心に残る。

「あしたのジョー」が少年マガジンで連載された68~73年という時代は、70年安保を政治課題とした新左翼の時代にあたる。いわゆる全共闘が時代の前面に踊り出た時代である。このヘルメットと角棒の風景はいつも男中心で語られてきた。今回、残間さんは団塊世代の女の立場というものを鋭く指摘してくれた。

当時、女子の進学といえばほとんどが短大を目指した。残間さんもその一人で20歳で就職することになるのだが、当時女子は25歳が「定年」であった。在勤年数はわずか5年しかない。アナウンサー就職の面接で「25になったらどうしますか」と聞かれて残間さんは「その年になっても会社が残しておきたいと思われるように頑張ります」と答えたら、試験に落ちた。戦後20年以上経っていても女性の社会進出は困難なのであった。戦後民主主義教育で男女は平等と習ってきておきながら、社会に出る鳥羽口で拒否されたのだ。

あの当時、女はいらないと社会から締め出されたことが団塊世代女子の“傷”になっていると残間さんは言う。今少子化晩婚化が問題になっているが、実はその人らの母親は、女子に自由にさせてやりたいという思いがあるからだ、という残間さんの指摘は心に残った。

講談社は戦災にも焼け残り戦前の古い建物のままである。内部は相当改築されたが、今回会場となった講談社大ホールは昔のままの佇まいを残していた。37年前にもここに500人のファンが集い、力石の死を悼んだのだ。ここに立っていると当時の子供や若者の咆哮が聞こえてくる。「力石を殺したのは誰だ!」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-18 15:47 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 吉屋信子と俳句 2月の雨 窓うつ嵐に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧