人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

なぜか惹かれる大木惇夫

なぜか惹かれる大木惇夫

大正の終わりから昭和のはじめの頃、口語自由詩が盛んになった。そういう時代に背くように大木惇夫はそうではない文語体の詩を書いた。

 あやふきもの

ふきの葉のかたむきて
なほしろきつゆのためたる
あやふきぞ げにもあやふき
わがいのち わがくらし
わがこひも わがうたも

 秋の、寒さが厳しくなる朝。ふきの葉の上に光る水滴。ころころと転がって葉から水滴がこぼれ落ちそうな気配、まさしく危ういものに思える。そんな頼りなげな我が命であり我が恋でもある。

言葉はイメージを呼び起こすが、そのイメージを活き活きと動かすのは、言葉の律(リズム)であり調子であろう。大木の文語体の調子は、口ずさむ者の身内を躍らせる何かがあるのだ。

大木の詩は黙読だけではつまらん。声に出して、調子をとって読む。すると体の奥底からデモーニッシュなものが頭をもたげてくる。真逆の立場にあるのだが、中野重治の詩にもよく似たものを感じる。ことに「雨の降る品川駅」はもたげるものを押さえるのが難しいのである。

雨の降る品川駅

辛よ さようなら
金よ さようなら
君らは雨の降る品川駅から乗車する
李よ さようなら
も一人の李よ さようなら
君らは君らの父母の国にかえる

君らの国の川はさむい冬に凍る
君らの叛逆する心はわかれの一瞬に凍る
・・・

こうして中野の詩は続いてゆくのだが、読むうちに熱いものを感じるのだ。中野の詩は大木と違って口語で書かれているのに。

再び、大木惇夫の詩を引く。

 をさなかれとも

をさなかれとも ねがはぬに
などか をさなきわがこころ
柑子(かうじ)の梢(うれ)にのこる果(み)の
いつまで青きわがこころ

そんなつもりはないが、どうしても子どもっぽくふるまってしまう。還暦をひかえる年齢になっても、ひとをこひすることを、未だに思う私よ。冬枯れの野にみかんの木がぽつんとある。そこに取り忘れたみかんがある。その黄色が目に沁みる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-02-13 18:36 | 魂のこと | Comments(0)
<< ハケンの品格 セカンドライフ 仮想世界 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧