人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

マイ・ファニー・バレンタイン

マイ・ファニー・バレンタイン
マイ・ファニー・バレンタイン_c0048132_14443882.jpg



駅のコンコースで人だかりがしている。よく見たらバレンタインチョコレートを売り出していた。
そうか、バレンタインデーか。

ドトールでコーヒーを飲んで家に帰ってテレビをつければ、またぞろ「団塊世代論」。崔洋一はいつでもゲストで出ている。
さて、私も「あしたのジョー論」をやっているのだから、言えた義理ではないが、ちょっとこの議論は多くないかなあ。

青山光二という古い作家の自伝的小説『わが文学放浪』を読んでいる。1913年に生まれ三高から東大美学を経て作家になったこの人が1988年75歳のときに書いた文章だ。
まず、この人が三高に在学していたころの人間関係に興味をひかれる。富士正晴、野間宏、竹之内静雄、田宮虎彦、織田作之助らが出てくる。富士、野間、竹之内は同人「三人」を当時立ち上げていた。このことはかつて富士正晴のドキュメンタリーを制作する中で知り、詳しく調べたことがあって懐かしく思う。加えて、田宮、織田が同級とは意外な気がした。

特に青山に織田を紹介した白崎礼三という人物が気になる。彼は敦賀出身だと、青山が書いているのだ。織田に小説を書くように仕向けたのはこの白崎であり、後に青山が長浜で教師をやっているときに敦賀にいて励ましたのも、この白崎で、詩をよくしたと青山は書いている。郷土の先輩にこういう詩人がいるとは知らなかった。実家は大きな薬局を営んでいたというが、どこにあったのか。この人は昭和19年に結核で早世している。

その白崎をしのんで、富士が中心になって詩集を昭和45年に作った。私家版に近いかもしれないが、それを読みたい。なんとか探して手に入れよう。

この青山や織田や白崎の三高時代は文字通りデカダンスの時代だ。やりたい放題の旧制高校生だ。当時の寮歌を青山は引用している。
ああ永劫のときの歩みに・・・・・
いま昏れゆくか われらが青春

鼻持ちならない旧制高校生のセンチメンタリズムではあるが、老境の自分には気にならないと、青山は誇らしげに書いていた。
いま昏れゆくか われらが青春、という思いは若者に分かってもらえるだろうか。バレンタインのチョコの山を思い出してほろ苦くこの詩を読む。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-02-12 14:40 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by サウンド at 2007-02-13 09:55 x
平均寿命が今よりかなり短かったころの感覚のような気がしますが。一昔前の「青春時代」でも「後からほのぼの想うもの」であり、「その真ん中は」「迷ってばかり」であり「胸に刺射すことばかり」と歌われています。私もあの時代には戻りたくない、むしろ年を重ねた今の方が幸せな気がします。
<< セカンドライフ 仮想世界 釣天井事件 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧