人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

才女の文体

才女の文体

文楽三味線について見聞を広げようと、有吉佐和子の『一の糸』を読んだ。昭和40年に出版されている。

題名はもちろん太棹の一番太い糸から由来する。太棹三味線奏者の露沢徳兵衛の妻茜が話者であるが、本当の主人公は露沢徳兵衛である。若い頃二人は出会い一夜の出来事があったものの徳兵衛には妻があり、茜は添うことをあきらめなければならず、茜37歳まで一人の境遇となる。

20年後偶然再会することになる。すると、徳兵衛は妻をなくし9人の子供をかかえて往生していた。後添えとして来てほしいと申し込まれ、茜はその大所帯に嫁ぐことになる。それから子育てと芸の世界に身を投じて、夫徳兵衛の内助を尽くすという話だ。

読み始めて、有吉のべたつくような文体が不快だった。最近読み継いでいる芝木好子の理知的で簡潔な文体に比べて、昔語りのような膠着する表現が鬱陶しく感じられたのだ。妙に世故にたけた人生観が底に流れていて、訳知り顔の嫌味な女だなあと作者の有吉を敬遠したくなった。ルーツが紀州という関西の血がそうするのであろうかと訝った。

谷崎の『細雪』などは関西文化を関東人の目で書いているから何処かからりとしているのだが、有吉の描く上方芸能の世界はじとりとしていて読んでいて気が重くなる。

ところが3分の一を過ぎたあたりから俄然その嫌味が気持ちよくなってくるのだ。この張りつくような上方文化が読み手の毛穴に入り込んでむずがゆいような快感を残してゆくのだ。途中で食事で中断しようと思うが、読書欲は糸を引いて、その『一の糸』から私を離させない。

 これまで読んだ事がない表現がいくつも出てくる。茜が徳兵衛のパトロンに心にもない追従を言う場面に――
《と思っているより上越した褒言葉で夫の仏頂面をとりつくろおうとした。》
上越した、などという言葉遣い。これまで目にしたことがない。そればかりか特殊な用語にも有吉は長けている。
《温泉の湯がたえまなく湯舟から溢れてタイル張りの陸(おか)を流していたからである。》
風呂場の床を陸(おか)と呼ぶのは初めて私は知った。

庭で茜が末娘律子とぶらんこに乗ってはしゃいでいる場面がある。家の中では徳兵衛は弟子の春大夫に稽古をつけている。
《茜が結婚当時の思い出の中から律子に関することをあれこれ披露してみせると、律子はぶらんこから落ちかかるほどのけぞって笑い転げた。》この後の表現が凄い。
《いつか春大夫の稽古は終わっていたらしい。遠い縁先から徳兵衛が二人の姿を見守っていたのに、二人ともなかなか気がつかなかった。》
「いつか・・・」で“カメラ”の位置が、茜と律子の2ショットから縁から徳兵衛が二人を見ているロングショットに切り替わるのである。この「いつか・・・」の文章が挟まれなければそうはならないのだ。

有吉佐和子という人は、昔風の文体を用いながら、きわめて明晰な近代の意思を働かせている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-02-10 13:32 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 立ち食いそば 大脱走2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧