定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

暮色

暮色

芝木好子の世界は言葉の密度が高い。編み目がぎっちりつまっている。そこで交わされる言葉のひとつひとつの重量感は「端倪スベカラザルモノ」がある。
会話の中にこんな言葉がさらっと埋め込まれるのである。
「内緒の行為や、秘密の感情、そういう毒があるから人間は精神的になれる。」

前にも芝木のことを書いたときに触れたが、ある部分を抜き出して彼女の凄みを語るのは至難に近い。小説というのはむろん文脈のなかで浮き出る意味をこしらえるものであって、断片では未読の読者にはなんのこっちゃという点があるにちがいない。それでも、断片破片であっても書き出しておきたい衝動に芝木を読むと駆られる。

例えばこんな言葉はありふれている表現であるのだが、
「今はひとりで何処を歩いてみても、何を見ても、透き通った感じ―」
ある大きな体験をした後の、主人公の目に映るものがすっかり変わったということを平易な言葉で指示するのだ。ここまで読み継いできた者には大きな得心のゆく言葉として響いてくる。

物語の終幕あたりで登場する短いエピソードが気に入った。おそらく芝木はこの話を実際に昔語りで聞かされたことがあるのだろう。その部分のトーンが小説全体からやや浮き上がっている。

主人公冴子の婚家の祖母加津が、昔語りを始める。84歳の加津は生涯自分で爪を切ったことがないような大店の箱入り娘であった。口は悪いが本当のことをいつも語るという、美点と欠点が張りついているような女だ。その祖母が別れてゆく冴子にはなむけとして「昔は佳い女には献身する男がいたもんだ」と言う言葉をかけることから、自分の体験を語るのであった。

加津の娘時分の話だ。
加津の家に出入りする若い足袋職人がいた。彼女の足は人より小さい八文七分の、細形の、甲なしの足で、形になりにくいから、出来合いで間に合ったことがない。そこで誂えの足袋を作ることになる。下谷の老舗から若い職人が足の型をとりに来る。職人は寸法を計ったあと、加津の足の底へ手をまわして握り締めた。足の弾力で厚みでも計るのかもしれないが、彼女にはまるで乳房でも掴まれたような衝撃を受けた。職人は年に一度ずつ寸法を測りなおしにきた。女は黙って素足を差し出した。出来あがった足袋は心憎いほどぴたっとしていた。
数年後、その職人はふいっと郷里の四国へ帰った。その後の消息は絶えたが、加津は老女となった今もそのことを忘れていない。
「老女は、うっとりと昔を見ていた。」と芝木は書く。

封建道徳がはびこり因習が人を縛っていた時代の話だ。だが、このエピソードの鮮やかさ。なんとも心にくい。
 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-07 11:26 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 藤沢周平のミステリー バルタン、映画「アイドルを探せ」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧