人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

終わりなき芸の世界

人間国宝、竹本住大夫
終わりなき芸の世界_c0048132_198505.jpg
終わりなき芸の世界

文楽三味線の第1人者、鶴澤清治の特集を作りたいと願っている。
その参考にと数年前放送されたNHKスペシャル「人間国宝ふたり」を見た。大阪の局が制作しておりディレクターはかつて一緒に仕事をしたU君の作品だ。放送当時、彼から連絡をもらって視聴しており、今回は2度目の視聴となる。

最初の放送を見たときも、深い取材、しっかり刻まれた人物像といい、よく出来た作品だと感心した覚えがある。今回も見て緻密な編集に完成度の高さを感じた。

主人公は文楽の二人の第一人者を追っている。人形遣いの吉田玉男、浄瑠璃の竹本住大夫、二人の人間国宝だ。80歳を越える玉男が「心中天網島」を3時間にわたり舞台をつとめあげる芸の“強さ”には圧倒される。この人は先年亡くなった。このドキュメンタリーは素晴らしい玉男の芸を記録することとなった。

もう一人の主人公、竹本住大夫(83)が実に魅力的だ。若い弟子に稽古をつけるのだが、悪口雑言で弟子を罵倒する。カメラが回っているのにいいのかしらと不安にさせるほどの悪態なのだ。ところが稽古を終えて感想を聞く段になると、この師匠のしごきに耐えてこそ一人前になってゆけるのだということを、自分の体験をふまえて穏やかに語る。そのときの柔和な表情がいい。この番組のすばらしいのは、竹本住大夫のえげつないしごきでとどまらないところだ。つまり、巨匠の巨匠たるところだけで取材を終わらせていないということだ。

実は住大夫の稽古量はこの世界でも人一倍多いことで知られる。本人の弁によれば「生来の声の悪さと不器用のせいで稽古するしかなかった」というのだが。その陰の努力が垣間見える場面が、このドキュメンタリーに出てくるのだ。

京都に引退した兄弟子の竹本越路大夫を訪ねるシーンだ。そこで住大夫が自分の芸のチェックを受けるのだ。人間国宝が、である。弟子に対してあれほど尊大だった師匠が、兄弟子の注意に畏まって耳を傾ける。芸の厳しさを見る者に訴える圧巻の場面だ。この番組の副題「終わりなき芸の世界」を見事に表している。

実は、今私が構想する番組は、文楽の語りでもなく人形遣いでもないもう一人の名人を主役とするものだ。文楽太棹三味線の鶴澤清治。
文楽では、語り、三味線、人形という流れというか格がある。どうしても人形の華やかさに目を奪われがちだが、実は三味線がきわめて大切な存在である。三味線は単なる伴奏音楽ではないのだ。登場人物のせりふ、心象、人柄、場面の情景、など舞台全般を包む大きな能力(ちから)となるのだ。それを三味線一本で表す――その芸。
5月に鶴澤は国立劇場の大舞台で、その芸の真髄を披露する。そのときに、語りのゲストに竹本住大夫が参加している。名人と名人のぶつかり合いをぜひ番組にしたい、そう願っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-02-03 19:08 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 芝木好子の世界 世の中不便になっている >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧