人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

山桜の一生

野の花の一生

藤沢周平の「山桜」を再読し、期待していたとおりの感動を得ることができた。しみじみと心に残る温かいものを感じたのである。

物語の主人公は二度嫁に行った女。最初の夫とは死別したが、二度目はそれを負い目に感じていたため婚家を選び間違えたと、今になって主人公は悔やみはじめていることから始まる。婚家は一家あげてけちで彼女のことを望むより彼女の家柄を欲していたのだった。

不幸なめぐり合わせを主人公が思うとき脳裡に浮かぶのは行かず後家で死んだ叔母のことである。その叔母は一生を生家で送ることになったが、短くて悲しい一生であったなと、主人公は自分の人生を重ねながら思うのである。

人知れず咲く山桜。誰に見せるわけでもなく、見られることもなく、花を咲かせ散らしてゆく山桜――。

知人から聞いた話だ。大手の会社に就職した女性が30年勤めていたが、昨秋難病にかかり54歳で亡くなった。都立高校を優秀な成績で卒業したこともあって、その会社でも重要な社長室に配属され三十有余年賢明な秘書として仕事をまっとうしてきた。結婚はせず両親と暮らしてきた。父は10年ほど前になくなり、老いた母と二人で生きていた。その母が2年前に死に、ほどなく彼女も業病にかかる。それは筋肉が衰えてゆく病で、生命維持装置をつけなければ1年足らずで死をむかえると医師から宣告された。

その女性は都会育ちとは思えないほど地味な人だった。容姿は端麗から程遠く、かといって化粧や衣装で飾ることもなく、異性はもちろん同性の友達もいそうもなかった。おとなしいというより暗い印象を他にあたえた。大手企業の重役秘書という華やかな肩書とはうらはらの、生真面目でひっそりと隠れるように生きていた。

その人は身寄りがなく、死を宣告されたとき後事を職場の同僚に託した。そして延命治療を拒否したため1年足らずで死んだ。

同僚が遺産を処理しようと通帳を調べると法外な額が記載されていた。着飾るわけでなく外国へ遊びに行くこともなく男がいるわけでもなく、せっせと老後に備えたのであろう。墓を立てても後まで見守る人がいるわけではないというので、散骨となった。その人が残した多額の貯金はすべて公的機関に寄付となった。この人の生き方は藤沢が描いた「山桜」でもない。もっと悲しい生き方だ、と私には思われる。藤沢の小説を読むうちに、その人のことを思い浮かべてならなかった。
 
樹に咲く花ではない。野に咲く名もない小さな花か。その人は大きな口を開けて笑ったことがあったのだろうか。・・・

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-29 22:33 | 魂のこと | Comments(0)
<< 準備万端 冬の京都 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧