人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

奥出雲・山林大地主

身分があった時代


昨夜、「アーカイブス」で、奥出雲の山林大地主田部家のドキュメンタリーを放送していた。NHK特集「冬・奥出雲・山林大地主の村」。19 87年の番組だがずいぶん昔の出来事のように思えた。カットの一つ一つに懐かしい味が漂っている。

番組は、島根の吉田町にある500年続く田部家の年末年始の行事を中心に、主(あるじ) 長右衛門氏と使用人の関係を気張らずに描いている。時々、取材するディレクターの声が入るのだが地元の方言らしい親しい言葉遣いで、それがなんとも優しい。

今では考えられないだろうが、わずか20年前にはまだ身分の差のようなものが残っていた。田部家に山仕事で使われている男たちは年の暮れになるとその本家の大掃除に狩り出される。女たちは正月料理の仕込み調理に田部家の台所に入るのだ。自分の家の正月準備より主の家を優先するという、「身分社会」がしっかりそこにはあった。

今でこそ男女平等という理念は当たり前のことになっているが、昭和50年代にはまだ身分がありそのシキタリが人びとを強く縛っていた。そのころの人の態度を表す言葉に「鞠躬如」というものがある。今ではほとんど使用されないが、「貴人に対して身をかがめて恐れて慎むさま」を意味する。番組では、使用人が当主に対して正月の挨拶をするくだりは、まさに鞠躬如としていた。

こういう身分が社会の規範となっていた時代、その身分の差を越えて恋をするということは至難であった。どれほど互いに愛しあっても結ばれることはないという、「悲劇」の典型であった。古くは「野菊のごとき君なりき」であり、私たち団塊の馴染みのある物語であれば「絶唱」であった。そういえば、韓国映画の「ラブストーリー」もそういう背景をもっていた。

舟木一夫が歌った「絶唱」は映画化された。山林大地主の息子と使用人の山番の娘との結ばれぬ恋が主題であった。当時はこの悲劇性を間近に感じながら味わうことができたが、今の若い人たちは主人公の苦悩の意味は分からないかもしれない。

藤沢周平という人は東北の農村で育ち、そういう身分社会ということを肌で知っていたと思う。彼の小説にある葛藤はそういうものがベースとなっていると思う。それを理解していないで映画化したのが「蝉時雨」だった。下級武士の本当の悲哀がうまく表れていなかった。それに比べて、山田洋次の「たそがれ清兵衛」はそのつぼをしっかり押さえていた。さすが「故郷」を作った監督だと思った。

今朝、東海道線の相模川鉄橋から丹沢方面を遠望すると、峰に白いものが輝いていた。この冬初めて見た雪だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-22 17:05 | Comments(0)
<< 子どもの替え歌 青春歌年鑑68 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧