人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

芝木好子の世界

「染彩」を読み終えて


先日、角田光代の『夜飛ぶ飛行機』がうまい小説だと誉めた。このごろの若い女の心を巧に描いたことと、作劇のうまさに感動したのだった。
今朝、40年前に書かれた芝木好子の[染彩」を読んで、角田の今風とは違う小説世界の醍醐味を味わった。芝木の小さな世界はまことに緻密にして美しいものだ。そのたるみのない文章の進捗が、読むものを前のめりにさせてゆく。

この作品は昭和40年から42年にわたって書き継がれたと、後記にある。今から40年前の作品だが、私は高校生だったから辛うじて時代の気分や習俗は理解できる。翻って、今の若い人はこの小説にでてくる女主人公の「女の抱く羞恥」などというものは理解できるだろうか。いや、できるであろう。時代を体験しなくても、男女の習俗が変化しようとも、そこに流れる恋の綾はおそらく伝わるではないか。だから、若い人たちにも芝木の作品世界を薦めたい、気分が今の私にある。

この人のことは川本三郎さんのエッセーで知った。たしか荷風の東京とともに芝木の描く東京があまりに鮮やかだと激賞していたのだ。あの川本さんが褒めるのならと思って、1昨日、資料室にあった選集を借り出して読んだ。

この作品を選集で読んだが、解説の福田宏年はこの小説は染色家を描いてるから芸術家小説と呼んでいる。はたしてそうであろうか。これは染色の技術について詳細に述べてはいるが、作者が語ろうとしていることは、女と年下の男のある恋の物語だ、と私は思った。

いまどき、これほど男女のあやを緻密に描いた作品は目にしたことがない。まだ、私の中できちんと纏まらないのでもう少しあとで語ろう。
ただ記しておきたいのは、日本の文化というのは私たちが想像する以上に深いということだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-20 23:34
<< データ改竄 心の器 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧