人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

尋ね人の時間

尋ね人の時間

最近、街角ですれ違う人の特徴から昔の同級生を思い出すことが多くなった。その人自身と出会うわけではない。その人の特徴を彷彿とさせる同系の人を見ると、その人物を思い出し無性に逢いたくなる思いがつのる。といって、逢えばそれほどの感慨もあるわけではないが、どこに住んでどうしているのかぐらいだけ知れればいいのだが。おそらく、その人を恋しいというよりその時代の自分を取り戻したいという欲求がそうさせているのだろうか。

さて、現在は人を探すのがとても難しい時代になった。理由は大きく2つある。一つは個人情報の守秘が厳しくなったこと。もう一つは人の流動化が従来の数十倍数百倍激しくなったことだ。

私のディレクター駆け出し時代には、お寺の過去帳というのは簡単に閲覧できた。歴史的な人物などはそれを頼りにすればかなりの情報を得ることができた。況や住民票、戸籍、同窓会やもろもろの住所録などを使えば、それなりの消息というのは把握できた。

むろん、今ではそういう個人情報は無断に使用したり開示したりすれば、それなりのペナルティがつけられることになる。情報時代ゆえ、情報が悪用されれば大きな被害を受ける恐れがあるから当然の措置だとは思う。

だが一方、私たちには「ノスタルジー」というものがある。団塊も還暦をむかえる頃になると、“行く末”より“来し方”への関心のほうが大きくなるのだ。ああ、あの人は今どうしているのだろう、元気でいるのやら、と夜更けや明け方に思って眠れないということが、しばしば起こるのだ。こういう感情は若い頃には思いもよらなかったが。

年賀状をやりとりするぐらいの親しさであれば、それなりの情報もつかめる。困るのはまったく接点がない人物の場合だ。私自身も冷静に考えれば逢いたいという理由が見つからないような人物なのだが、いったん面影または名前がぽつんと心に浮かぶと、逢いたいという思いが「つのる」のだ。つのるを括弧にしたのは、この言葉本来のような激しい感情ではないからだ。逢いたい、逢って消息さえ分ればいい。ときには逢わなくてもいい、ただどんなふうに生きているかだけ知ればいい。という程度の感情なのだ。だから正面きって探すのもきまりが悪い。

具体的にいうと、田舎の小学校で同じクラスだった子、転校していった子、中学校でクラブの先輩だった人、大学でコンパを共にした人、旅先で知った人、長く通った酒場街のマスターや常連客。人の紹介で逢った人。もっと縁が薄く、ただ何となく気になっていた人。
 しかも厄介なことに、これらの人が異性であればなおさら探しにくいし会いがたい。

若い人たちは、ミクシーなどソーシャルネットワークで、そういう人探しが簡単にできると聞く。われわれのような中高年にはネット人口が限られているし、そういうネットワークに参加する機会も相当少ない。

そこで私は夢想する。ネットの「尋ね人の時間」ができないかと。おそらく掲示板などでは一部そういうこともやっているだろうが、私はもっと大規模なシステムを夢想するのだ。
「昭和19年、中国青島、○×区にお住まいだった△○さん、…」と昭和30年代までラジオで放送された「尋ね人の時間」。これと同じようなことを期待するのだ。

もちろん、情報の管理、秘匿という重要な機能を、きちんと責任をもって行うような機関。そういう公明な機関が運営するような「尋ね人の時間」。
そういうものが出来ないかな。有料でもいいんだよね。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-18 00:31 | わが心のシーン | Comments(0)
<< パリ時雨日記 パリ最後の日、5日目 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧