人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

パリ2日目――

夜飛ぶ飛行機にて ③
パリ2日目――_c0048132_2223372.jpg

朝9時過ぎ、宿を出てサンジェルマンへ地下鉄で向かう。8号線でモンテピケまで行き、乗り換えてモンパルナスでさらに乗り換えてサンジェルマン・デュ・プレまで行くつもりだったが、途中モンパルナスで地下鉄のコントロールと呼ぶ検問に引っかかる。私の回数チケットに写真がついていないので罰金25ユーロを払えという。そんな理不尽なと抗議しても、若い係官は駄目だという。押し問答の末払わざるをえないことになり、あっツンが自分の不注意のせいだからと言って財布から金を取り出す。

係官があまりに偉そうなので、彼女は日本語で「ケチ」と憎まれ口をきいている。我が娘ながら悪態に呆れる。「いいの、向こうだって私たちのことをフランス語をろくにしゃべれないって馬鹿にしてるんだから」と平然としている。差別されたと感じたら日本語で言い返すことがあるという。

目的地で地下鉄を降りてサンジェルマン教会の出口から出ると見慣れた光景が広がる。このあたりを私は昔から好きで、海外取材でパリに来たときはいつも界隈に宿をとったものだ。学生街で画廊や古書店が多く、ちょっと御茶ノ水に似た雰囲気がいいのだ。何よりあの五月革命発祥の地である。1968年世界同時革命が夢想されたときの発火点だった場所だ。実存主義者らもよく溜まっていたというカフェ・フロールやデュ・マゴといった老舗も軒を並べる。
10年ほど前家族4人できたときもこのあたりにホテルをとった。あっツンは小学3年だったので正確には覚えていないというので、私がうろ覚えの記憶で宿泊したそのホテルを探すことにした。10分足らずで探し当てた。コンチネンタルホテルという小さな宿で、お洒落な佇まいであった。「ここかあ、私の通学路にあったんだ」と驚く娘。10年前のパリ行きが将来いつかフランスへ留学したいという望みを彼女に与えるきっかけとなったのだ。夢はきっと叶う――ドリームカムトルーを、彼女は信じている。
パリ2日目――_c0048132_22221499.jpg
語学学校の小さな中庭
彼女の通う語学学校をとにかく見ておくことにした。大学街の一角にあって静かでいい雰囲気の学園だ。彼女は11時から授業ということでここでいったん別れて、夕方に再会を約束する。
別れしなに、「地下鉄の番号を間違えないように、カバンはしっかりかかえて、財布は他人に見せないように」とうるさく私に注意を与える。「バーロー、俺はこれまでにこの町へ何回来たと思っているんだ」と捨て台詞を吐いて、地下鉄で凱旋門方向を目指す。
パリ2日目――_c0048132_22235474.jpg
パリ2日目――_c0048132_22243849.jpg

地下鉄6号線でセーヌ川をわたりパッシーで降りる。ここに20年前にピカソのゲルニカ取材で来た時3週間宿泊した宿がある。いささか土地鑑があってシャイヨー宮殿まで歩くことにする。そこから見るエッフェル塔は絶景だ。
お昼近くになったので、バケットを買ってかじりながら、凱旋門までぶらぶら歩く。久しぶりにその威容を見てシャンゼリゼの坂を下る。観光客がいつもより少ない気がするものの、中国人の団体が目に付いた。世界は動いていると実感するのは、10年前に比べて中国人の団体が増えたこと、日本の円が安くなっていることだ。

シャンゼリゼ大通り坂下のグランパレ科学博物館で人の列ができているので、私も並んで入った。アレキサンドリアの水中から発掘された、エジプト古代文化展だった。すごい人気で会場は考古学ファンらしい男女でいっぱいだった。
陳列してあるものはルーブルや大英博物館にありそうなものだが、水中発掘の様子が映像で展示されていて、それがなかなか面白いのだ。観客も立ち止まってそれに見入ってしまうので会場は渋滞し黒山が次第に大きくなっていった。

午後3時、さすがに疲れてセーヌ河河畔で休憩。風が強く波が荒い。さすがにカップルもいない。ひとまずホテルに戻ることにした。コンコルド広場から地下鉄8号線でバラールに向かう。ホテルの114号室で仮眠をとる。

夜7時に娘のあっツンは現われた。授業が終わった後一旦寮にもどり、準備をして私のところへ来たという。何の準備だと問うと、何も言わずにやり。嫌な予感がする。

日本食の美味しいものが食べたいというので、エッフェル塔そばのノボテル・パリホテル
にある「弁慶」に連れていくことにした。以前、私はここで食べた鉄板焼が美味しかったことを思い出したのだ。ノボテルはセーヌ河のほとりにあって夜景が美しい、元の名はニッコーホテルだ。
ここでセーヌの夜景を見ながら、ワインで成人のお祝いをした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-14 20:34 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< パリ3日目――大売出し(SOL... ブーツのほころび >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧