人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夜飛ぶ飛行機にて①

パリの冬の空は美しい、とりわけ夕暮れは。
夜飛ぶ飛行機にて①_c0048132_3534592.jpg

夜飛ぶ飛行機にて①_c0048132_3541717.jpg


シベリアを越えながら思い出しつつ

このブログの文章を帰国のJL406便の機内で書いている。あっと言う間に過ぎた5日間のことを思い出しながら、室内灯だけの薄暗い中でパソコンの画面に向かっているのだ。窓をそっと開けると満天の星の美しい空が広がりジェットストリームが激しい勢いで後方に流れてゆく。シベリアを越えてゆく夜間飛行に今私は搭乗している。

今回のフランスへの旅を通して、娘をもった父親の気持ちというのが初めて分かったという気がした。私自身、男三人兄弟で育ちしかも長男だったので、いつも人生を硬く考え、育児についても無骨な態度で実行してきた。

二人の子供に恵まれて下が女の子と分かったときは複雑な心境だった。女の子の心境が分かるかなあ。たくさんの文学を読んできたから、女の心は知っているつもりではいたが、女の子の気持ちは分かりにくく本当のところ自信がなかった。

その子が生まれたとき、私は38歳の遅い父親であった。今年、ようやくその子は成人をむかえる。
あっツンと呼ばれるその子は、親の心配することなど何処吹く風で元気のいい女の子であった。というか煩くて喧しい赤子だった。なにせ成増から池袋まで準急でわずか15分の道のりですら我慢ができず、泣き喚くやんちゃな娘だった。

その子が幼稚園から小学校6年まで、私が一番忙しかったときだ。子どもの身の上に何が起きているか知らなかったし、ホントのことを言えば関心がそれほどなかった。私は番組を作ることに夢中だった。だから、家族は私を除いて団結することになった、ようだ。近所の人といっしょにうちの家族は浦安のディズニーランドへよく出かけたらしい。大磯の我が家にも中学高校の友達がよく来て、みんなで大飯をくらったりして騒いでいたらしい。息子と娘らにそういう時代があったことを、最近になって私は知るばかりで、当時はまったく知らなかった。

特に、娘にはどう対応していいか分からないから、中学校の2年ぐらいから高校卒業までまったく没交渉となった。辛うじて、接触したのは大学受験のときに作文のことで、いくつかアドバイスしただけだ。

ああそうだ、大事なことを思い出した。1995年に私が脳内出血で長期に入院したときだ。娘はまだ3年生だった。それが、私に手紙を書いてくれた。「パパアー、死なないで」。
状況をきちんと分かって書いたわけではないだろうが、それでも私は読んで不覚にも涙が出た。俺みたいな勝手な父でもそうやって信じていてくれるのかと。

その娘が今パリにいる。下の子なのでいささか過保護で甘やかしてきたと思っていたから留学すると聞いたときは大丈夫かと少し危ぶんだ。1年間、学部でフランス語の基礎を学んで行くことになったが、向こうの語学学校についてゆけるだろうかと心配した。
昨年の9月に出かけたからかれこれ4ヶ月になる。国際ケータイでときどきメールをしてくるが、それを読むと楽しくやっているらしいが、親としてはいささか気がかりで今回休暇をとって私一人で視察することにした。むろん、久しぶりにパリの街を味わいたい気持ちも私には半分以上あった。
だが旅するにあたって気がかりなのは、娘と二人だけで4日間もいるということだった。これまでそんなことは一度もない。だいたい私と娘はソリが合わず、いれば3時間もたたずに口喧嘩する、「犬猿の仲」だ。5日間を穏やかに過ごすことができるだろうか、そのことがきがかりだった。・・・

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-14 03:54 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ブーツのほころび どじで間抜けな旅 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧