人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

キレル哲学者

キレル哲学者

中島義道という哲学博士がいる。ウィーンで博士号を取得したという西洋哲学の研究者なのだが変人だ。自他ともに認めている。当人は真面目に生きている結果そうなるのだから、それを直すつもりはさらさらないし、むしろ変人扱いする世間のほうがはるかに堕落していると考えているようだ。カントを研究してきたという思弁哲学の人だから弁はたつ。大学の同僚たちもできるだけ関わらないように遠巻きで見ていることが、本人のエッセーの中からもみてとれる。

哲学の専門はともかくとして、この人が語る日本論、日本人論、日本文化論はへそ曲がりで面白い。つい書店で著者名を発見すると買いたくなる。『うるさい日本の私』『私の嫌いな10の言葉』『偏食的生き方のすすめ』『私の嫌いな10の人びと』『狂人3歩手前』

この人を有名にしたのは『うるさい日本の私』。川端康成の「美しい日本の私」、大江健三郎の「あいまいな日本の私」をパロっているのはすぐ分かる。
日本の騒音の無神経さに苛立つ著者をあますところなく描いて、逆説的日本文化論として注目された。

だから、最新作『醜い日本の私』が出たときもすぐ内容が推測された。日本の景観について物申すのだろうなあと思ったら、案の定であった。本の帯には〈「美しい国」が好きな人には、読んで頂かなくても結構です。激辛日本文化論〉とある。

とにかく怒っている。何が京都だ、何が桂離宮だ、何が萩だ。壮麗なビルを建ててもなんで膨大な広告でごてごて飾り立てるのか、電柱や電線をはりめぐらすのか、静かな観光地に雷のようなスピーカががなりたてるのか、整備された田んぼの真ん中に原色の巨大な看板を立てるのか、美しい海岸線をなぜ破壊するのか・・・・・。

日本人は見ていながら見ていないように幼い頃から仕付けられている。心のもちよう一つで見えなくなる、聞こえなくなるというふうに、日本人は象徴的=観念的な物の見方をたたきこまれているからだ、と哲学者は分析し、現状を見て嘆くのだ。この人の怒り方嘆き方がオオゲサで演劇的でめっぽう面白い。
この本はひょっとするとエンターテイメントとして書いているのではないかと思ってしまうほどだ。むろん当人はそんなことは思っていない。そこが、外野から野次が飛ぶゆえんだろう。

あの斉藤美奈子が中島の本を茶化しているのが面白かった。哲学者という絶滅危惧種が日本文化を論ずるというのは、パンダが朱鷺に説教するようなものだとか、なんとか。とにかく哲学の中島義道が論ずるというと敷居が高いが、カンニングの竹山のように「キレル芸」と同じと思って読むと、けっこう読める。

ちょっと気になるのは、首相の「美しい国」とは一線を画すといいながらどこか同調しているように読めるのはなぜだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-07 12:05 | Comments(0)
<< 出発前夜 ダビデ主義に警戒 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧