人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2007年問題取っ掛かり

2007年問題取っ掛かり


元旦の読売新聞もやはり団塊世代の話題を取り上げていた。今年の前半はやはりこの問題というか話題で流れが形成されていきそうな勢いだ。とにかく猪の年男60歳から始まって3,4年続く大量退職が社会のなかにある流れを作り出しそうなのだ。

昨年後半からこの話題は年金とか後継者とか経済的影響についてばかり語られて、当人たちの思いとか心が後回しにされていると、私は不満をもらしていた。だがテレビマンは昨年秋に開かれた「つま恋コンサート」でこの世代のカルチャーが商売になると見込みをつけたようだ。春にかけて続々テレビ番組が企画されている。

私の場合は教育テレビという地味な枠で、3月中旬に団塊世代論を展開する予定。題して「あしたのジョーの、あの時代」。この番組のためもあるし、個人的な興味もあるので、団塊世代の青春であった70年代論の気になったところをスクラップして、ここにメモしてゆこうと思う。
○元旦、読売新聞「フォークの名曲30選・ギターが語る団塊の心」…1966~70年までが日本のフォークの草創期。カレッジフォークが黎明期を飾り、「バラが咲いた」を嚆矢とする。私がギターで最初に弾き語ったのも「バラが咲いた」、コードが4つしかなく簡単に歌えた。他に「若者たち」「この広い野原いっぱい」「友よ」。個人的には「悲しくてやりきれない」が好きだった。
○亀和田武『この雑誌を盗め!』(二見書房)「団塊世代というとビートルズ世代だと思われている。本人たちまで錯覚しているが、63年まで私たちが夢中になって聴いたのは、この本のCDに収録されたような、甘くて切ない、ビートルズの出現で一夜にして懐メロになった、悲しいポップスだった。」彼が挙げている曲とは「電話でキッス」。他に「悲しき街角」「悲しき雨音」。まったく同感だ。
○同世代のコラムニスト吉岡忍の話(というのは、私は現認していないから又聞き)べ平連で新宿フォークゲリラをやっていて、新宿西口広場で演奏している姿が写真に残っている。その写真を吉岡はベトナム、ホーチミン市のベトナム戦争証跡博物館に飾られているのを見る。そのときの思いを番組にしたい。「新・世界わが心の旅」。
○山口文憲『団塊ひとりぼっち』(文春新書)小津映画のDVDボックスを買っているのは団塊世代ではないかと、山口は推論する。「あの畳とちゃぶ台。障子と襖。天井からさがった電灯の笠。ひんやりした廊下。そして、そのつきあたりの暗がりにひっそりとかたづけられた、下部が屑篭になった木製の踏み台。こうした小津映画の大道具小道具は、そのまま団塊の原風景でもある。」さらに、小津のローアングルこそちょうど幼い団塊の目線と重なりあうと、山口は強弁する。 
○三浦展『団塊世代を総括する』 下の世代からずいぶん嫌がられていることをこの本を通じて私はしっかり知った。
「なにしろ数が多い。声がでかい、議論好きな彼らは、私たちにとって、まことにうっとおしい存在っである。」「しかし、団塊世代は、理屈っぽい議論が好きな割には、論理的ではない。議論のための議論はするが、細かく論理を積み上げて議論をしようとはしない。むしろ感情的である。」
この寸評は少なくとも私には当たっている。
○浦沢直樹「20世紀少年」コミックの名作だ。この浦沢って人は団塊よりだいぶ下の世代ではなかったかな。だがこの物語は60年代終り、そして70年の大阪万博から始まる。そのディテールにおいて舌を巻くほどのものと、いやあ違うよと否定したいことが雑居している。
(この項つづく)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-01-01 16:36 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 箱根駅伝2007 日付を越えて飛ぶ飛行機 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧