人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

畳の家

畳の家

仕事に就いて各地を転々とした。社宅に住んだが畳中心の部屋ばかりであった。
この10年、畳のある家に住んでいない。幼い頃はむろん畳のある家、日本家屋に住んでいた。木目の床があるような家に住みたいと思ったものだ。

12年前に大磯に家を建てたところ、1階に畳の部屋を作ったが湿気がつよく辛気臭い部屋になっていたので畳をはいだ。其の畳は縁のない上等の畳だったので勿体無いからと、私の書斎に三畳分だけ床の間のように5寸ほど上げてそこに畳を入れた。それ以外はすべて畳なしの部屋だ。目黒に住むようになってもここも洋室で畳がない。

畳がないと湿気が減ってここちよいが、冬は底冷えする。それと何となく部屋が寒々しい。だから床暖房にした。これが畳であればそれだけで暖かいのだが。

こどもにとっては畳がどれほど良いかということを、ある本で知った。
1933年に来日した佐藤エンネさんは、戦争中岐阜に疎開して伝統的な農家に住んだことがある。彼女の弁である。
「西洋の部屋をみてごらんなさい。家具も床も子供の敵ですよ。どこにぶつかってもあぶない。日本の畳はどうでしょう。広い畳の家具のない家はこどものあそび場ですよ。うちの孫は、そこで逆立ちをしたり、寝転んだり、日本の家はこどもと一緒に暮らすために作られています。」
エンネさんは『日本に住むと日本のくらし』という本を書いている。この本を読んであらためて畳の良さを思う。たしかに西洋の家であれば、乳児らにとっては危険な空間が多いが、畳は少々転んでも落ちても怪我などしない。なにより、そのままごろりと横になれるのがうれしい。

昔は空が高い晩秋の日曜日などは大掃除に家族全員で取り組んだ。その掃除の華は畳たたきだった。一枚ずつ畳をはぐって外に出し、畳を日干しにしたうえで2本の棒(例えばものさし)を使って畳をたたき、ほこりを取るのだ。ぱんぱんという音が小気味よく空いっぱいに広がったものだ。

そして暮れになると障子を張替えしたものだ。破れた障子のまま年を越すわけにはいかないと家族総出で作業にあたった。盥に水を張り、そこへ障子を入れて濡れた紙をばりばり引っ剥がしてゆく。紙をべりっと破るのが楽しく、12月の冷たい水も苦にならないのであった。

年末の大掃除が終わると、こたつに入ってみかんを食べながら漫画を読む。こどもの頃の至福の時間であった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-27 17:02 | Comments(0)
<< コンコルドと一揆 嵐一過 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧