人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

嵐一過

嵐一過

昨夜は雨風がひどかった。11時ごろにはカミナリが何度も光り轟音が鳴った。
テレビニュースによれば、東京では34年ぶりの暮れの大雨だという。昨年だったらこの雨は雪に変わっていたはずだが、やはり今年は暖かいのだ。地球が心配だが、暖かい冬のほうが年寄りや病人は過ごしやすい。故郷(くに)の母を考えると、暖冬をよしとせざるをえないのは複雑だ。

 嵐の間、私は日本映画を2本見ていた。「曾我兄弟・富士の夜討」と「郡上一揆」だ。
曾我は昭和30年代の東映オールスター映画、郡上は数年前に作られた独立プロダクションの映画だ。毛色はまったく異なる時代劇だが、それなりに面白かった。

曾我は以前見たことがある、ということを見始めて思い出した。曾我十郎が東千代之助、五郎が中村錦之助である。敵役の工藤祐経はあの月形龍之介と、主要な役者がみなスケのオンパレードで、いかにも歌舞伎のような演技の映画である。あまりの大衆娯楽映画でややゲンナリしたが、観ているうちに、私たち団塊が少年時に刷り込まれた集合イメージがいちいち確かめることができて面白かった。兄弟が夜討に出かける前に竹を切って水杯を交わす場面は、少年時代の気分を誘発させてくれた。

少年時には気がつかなかったことを、今回発見した。十郎の愛人の虎である。高千穂ひづるが演じていて、いかにも気が強く男勝りの遊女である。彼女は大磯にある遊郭の女で、大磯に住んでからその存在を知ったのだが、この映画でもきちんと十郎の恋人で大磯在ということを名乗っていた。
十郎が敵討ちで死んだ後、虎は仏門に入り冥福を祈って暮らしたといわれている。梅雨時の雨は虎ケ雨と呼ばれ涙雨とされている。

この虎のことを大江さんと話したとき、大江さんは、虎は「グレートマザー」を果たした人ですね、と言ったことが忘れられない。ということで、曾我物語は私の住む相模湘南に縁の深い作品なので、この映画をあらためて興味深く観た。

かつては「曾我物語」は「忠臣蔵」と並んでいやそれ以上の人気のあるあたり狂言だったが戦後はほとんど力を失くした。なぜだろう。

一夜明けて、晴れた。光がまぶしい。気温がぐんぐん上昇している。ツヴァイク道で道端から湯気が沸き起こっていた。
嵐一過_c0048132_11561968.jpg
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
嵐一過_c0048132_11563157.jpg湯気が立っているのが見えるだろうか。
by yamato-y | 2006-12-27 11:55 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 畳の家 二つの死 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧