人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

二つの死

冷たい雨が降る、東京にサンチャゴに ②

 ピノチェト政権は、自由主義的政策をとった。経済官僚としてシカゴボーイズというシカゴ大学のミルトン・フリードマンの弟子筋を、ピノチェトは登用した。そして85年から98年まで順調に経済成長して、「チリの奇跡」ともてはやされるようになった。この言葉を最初に使ったのはフリードマンである。自分の考えの新自由主義がうまくいったと喜んだのだ。当然、この政権に反対する人たちからはフリードマンは「独裁を支持した自由主義のドンキホーテ」と批判される。

 このときのチリは貧困層に苦難をしいて、一部の富裕層と外国資本が大きな富を手に入れることに加担していたのだ。と厳しく指摘するのは、経済ジャーナリストの内橋克人氏だ。彼の最新の著書『悪夢のサイクル』では、チリに経済政策を指南したことになるフリードマンを厳しく弾劾している。

アメリカ大恐慌が起きた後、ケインズが唱えたように市場に政府が積極的に関わる公共政策がとられてきた。大きな政府で、富を富者から貧者へ再配分するシステムであった。
ところがベトナム戦争で失敗した頃からアメリカの経済がおかしな雲行きになっていった。インフレと失業がうまく退治できなくなってきた。
 そのとき、フリードマンは
インフレ退治を貨幣の供給量をコントロールすることで出来ると考えたのだ。いわゆるマネタリズムの考えだ。マネタリスト、市場原理主義者の登場だ。こうしてすべてを自由にするという活動を基本にした市場原理主義(ネオリベラリズム)が、次第に大きな力を持ち始め、レーガノミックス(レーガン政権)や英国のサッチャー政権の経済政策の理論的支柱を提供することになる。

このやり方を真似たのが小泉政権による規制緩和路線である。竹中平蔵らは積極的にマネタリズム路線の経済政策をとってきた。其の挙句の国民の中の経済格差の拡大であった。
持てるものはさらに多く、貧しい者は努力が足らないと切り捨ててきたのである。福祉のばらまきが勤労意欲を失わせ、経済の活力をなくすと言ってきたあのやり方だ。

そもそもは、ユダヤ移民の貧しく苦難に満ちた環境から出発したフリードマンだが、彼の唱えた手法というのは強者の経済でしかなかった。彼の影響下でチリの人たちは苦難を味わったのだ。そのほかにも被害はあるだろう。日本もその例外ではないと思うが。

そのフリードマンは1976年にノーベル経済学賞を受賞し1988年にはアメリカ国家科学賞と大統領自由勲章を授与されている。西海岸の大邸宅に住んで優雅な老後を送った。
そして今年の11月16日 、心臓疾患のため死去。

ピノチェトとフリードマン。二つの死。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-26 18:07 | Comments(0)
<< 嵐一過 東京にサンチャゴに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧