人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

そんなバナナ

そんなバナナ

本日私は少しおかしい。変だ。何か午後から自分でありながら自分でない気がしてならない。
夕方になって、同じ話を今日何度も繰り返しているよと、同僚のO君から指摘されて、あっと思った。何かに憑依された状態があるのではと自分でも、午後からずっと疑っていたのだ。

心当たりは本日11時半から銀座三笠会館で、内田編集長、作家の平井和正さんとお会いしてからだ。内田さんと大伴昌司の映画化について意見交換をするため、私は今朝大磯から有楽町に出た。そして、三笠会館で内田編集長と意見を交わした。そのときは平常だった。自分の意見も、自分の脳内の中の想像も、区別して話が出来た。

ところが、平井さんが現われた頃から、意識の呂律が回らなくなった。自分で話していて、何か夢の中にいる心地がするのだ。きちんと声に出したことと、自分の頭の中で夢想したことがごっちゃになりはじめたのだ。

別に、初対面の平井さんが奇天烈だったわけではない。どちらかといえば、想像していたよりずっと実直な印象をもつ人物だった。高校の古典漢文の教師のような印象を抱いた。
でも、内田編集長、作家平井和正、私と3人で大伴昌司の話に花が咲き始めると、私の意識が混濁してきた。自分で口にしたことと、考えたことの区別がつかないのだ。頭の中がもやもやしてきた。

途中で、私は気づいた。あれえ、これが噂に名高い、「大伴昌司降臨」かと思った。大伴さんがよく降りてくることは、内田さんから聞いていた。私自身、彼のドキュメンタリーを制作しているときにフシギなことに遭遇していた。

断っておくが、私はいわゆる憑依体質ではまったくない。そういうオカルトは好きだが、さみしいぐらい私には霊感というものがない者だ。その私が、本日はどう考えても大伴昌司に憑依されたとしか思えない出来事に次々とあったし、私の言動もオカシかったとO君が指摘するのだ。
指摘されて、私もはっと思い返した。

平井さんは有名な「幻魔大戦」の作者であり、古くは「エイトマン」の原作者である。SF作家クラブのなかでも大伴さんともっとも仲の良かった人であり、彼の出世作「エイトマン」の編集者が内田さんというわけだ。この三人は気があったとみえて、よく行動を共にしたらしい。だから、大伴が亡くなったとき、この二人に大伴が死後のメッセージを残そうとしたのは理解できる。有名な話が、大伴のお墓のことだ。

彼の墓は鎌倉霊園にある。広大な墓所で、彼が埋葬された頃は開発が始まったばかりで、彼のお墓の周辺にはまだ墓はなかった。そこに有名な墓碑銘「大伴昌司―天空の彼方ウルトラ星に旅たつ」と刻まれた墓が立つのだが、一周忌のときSF作家や内田編集長が墓参したとき、とんでもないことに一同気づいたのだ。大伴の墓の後ろと横に立つ墓の名前が、なんと内田家、平井家となっていたのだ。偶然とはいえ、一同驚愕した。

内田、平井両氏はこういう因縁を大伴にもっている。その磁力の強い二人に本日会って、私もいささか何かが起きたようだ。としか考えられないくらい、フシギなことが本日私の身の上に起きている。

同僚のO君は面白がって、「いいじゃないですか。天才が憑いているんですよ」と冷やかすが本来まったく霊感のない私になんでという思いがしきりにしている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-22 21:36 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by nona at 2006-12-24 08:44 x
不思議な体験ですね 食べ物の好みも変わりましたか?
偶然という話から思い出しました・・向田邦子さんが私の高校の先輩だっと知った時、うれしかったですね。
学校裏の祐天寺の石屋さん、お寺、ヒマラヤ杉・・・あのどうにも格好悪い制服。なくなられた命日は私の誕生日と同じ日でありました
ほとんど 思いこみですが(笑)
<< こゆるぎの森 ルキノ・ヴィスコンティの世界 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧