人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

IO比

IO比

立花隆氏がIO比という言葉を使っていて初めて聞いた。
インプットとアウトプットの比を指すそうだ。IO比が高ければ高いほど、情報がつまったいい作品と評価される。

つまり、1冊読んで1冊本を書くというより100冊本を読んで書くほうがIO比の高くいい書物と考えるのだ。材料の仕込みがあって、それから自分でその材料から何かを作り出すという作業のなかで使われる考えだ。

私の知人で映像の作業を行っていて、主任教授から嫌味を言われたことがある。撮影する量が多すぎるという。その教授は映像のことは門外漢でグラフィックが専門の人だったからあまり分かっていないのだ。そんなに沢山撮らなくてもいいじゃないかと注意されたそうだ。
どれぐらいVTRをまわしたのと私が訊ねると、「100分ほど」。それで出来上がったのは何分ぐらいとさらに聞くと「10分」。IO比は10:1だ。
何だ、たったそれだけかと思った。

 通常、ビデオ構成のドキュメンタリー番組は最低20:1。30分番組であれば600分の素材、50分番組であれば1000分、およそ17時間分ぐらいの素材を必要とする。

ウォーキング番組の担当者がくたびれた顔で現われた。今編集中なのだ。中仙道を歩いてきたものを110分の番組にするのだが、素材だけで60分テープが100本あるそうだ。試写して見るだけでも100時間かかる。1日に8時間見るということにしても、見終わるには12日かかる。それを編集するとなるとゆうに25日はかかる計算となる。これは大変な重労働である。だいたい映像を続けて8時間も見ていると頭が痛くなるものだから。

 だが素人はこれだけ時間をかけてテレビ番組が作られているとは思わないのだ。これまでで一番びっくりしたことは、スタジオ番組で60分のものは60分で作られると思っていた出演者がいたことだ。生番組ならともかく、60分サイズを収録するにはほぼ一日がかりだ。そうやって作業を続けていたら、先の出演者からクレイムがついた。もっと簡単にできると思ったのに、こんなに時間と手間がかかるとは思わなかったと不平が出たのだ。

まいったなあ、どんな小さなスタジオ番組でもIO比は最低5:1はあるのだ。

さて、このブログはというと、1000本記事を書いた頃から種ぎれになり、素材あつめが難しくなってきた。だからIO比は少ない場合は2:1のこともある。2冊読んで1本書く。うむ、これは少し低い、反省しなくてはなるまい。せめて5:1以上にしないと。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-19 16:43 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< VANジャケット せこいだけじゃすまない >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧