人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

盛況、スーパーエッシャー展

盛況、スーパーエッシャー展

今朝、開館と同時に東急文化村の展覧会に駆けつけたが、その時点でおよそ500人の入場者がいた。ほとんどの客はガイド用のパソコンを手にしながらの観覧なので、移動が遅い。あちこちで渋滞が起きていた。私は解説なしで自分の目で確認していくつもりだったので、終わってみれば1時間で済んだが、解説付きであれば2時間はかかったであろう。

それにしても人気だ。観客の層は幅広い。私のような熟年の夫婦とおぼしきカップルと若いカップルがほぼ半々。珍しい光景だ。加えて若い男・女が詰め掛けている。時間が時間だけに児童生徒は見当たらなかった。

なぜ今人気があるのだろうか。
フシギな絵、騙し絵というのは、近年のCGで馴染みが出来ていて、観客にとっても理解するのは難しくないのだろう。しかもエッシャーのフシギさは一目で分かる明解さがある。美術展に行ったからとて教養で鑑賞する必要がない。ある種、エンターテイメントのノリで見て回ることができるのだ。

エッシャーの作品はリトを中心とする版画が主だ。実は印刷物で見ることと展覧会に足を運ぶことの差はそれほどあると思えない。実物の前に立ってもそれほどの感慨は私にはなかった。ただ一同にこれほどの作品を見ることができるのは有難いのだが。

10年前に見たエッシャー展より進化したことがあった。それは映像でエッシャーの作品を動かして見せる展示である。原画を土台にCG化してあって、これは無限円の構造などが抽象的でなく理解できた。しかもこの作品は触って指示できるという可変性がある高度なもので、もしエッシャーが生きていれば彼も楽しむだろうと思うほどよく出来ていた。

最後のコーナーである感動を覚えた。壁面に少年マガジンが10冊ほど貼り付けられ、エッシャー記事の見本がそばにあった。このコーナーの解説に、エッシャーをいち早く少年誌が日本に紹介したのだが、その功績は怪獣博士大伴昌司であると、記されていた。

こういう場所で、大伴さんに会えたのは嬉しかった。明日、重要なミーティングを控えている私には吉兆に思えた。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
盛況、スーパーエッシャー展_c0048132_13461538.jpg
by yamato-y | 2006-12-14 13:40 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< Kカメラマンへ ゴマメの歯ぎしり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧