人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

力石のように、骨と皮になって

力石のように、骨と皮になって
力石のように、骨と皮になって_c0048132_15183266.jpg



 アジア大会での中国の強さはぶっちぎりだ。元々人口が多い中国には有力な選手を輩出する要素はあったから20数年前に、アジア大会に参加して以来、中国はたくさんの金メダルを獲得してきた。

だが今回の強さは異常な気がする。いくら北京五輪のために強化されたとはいえ、ここまで強くなれるのだろうか。と疑問をもっていたらスポーツ関係者から可能性としてのドーピングを示唆されて、あっと思った。

ドーピングとは、スポーツ選手が薬物などの不正な手段により、競技成績を上げようとする行為をいう。もちろん国際ルールで禁止されている。だがドーピングはその技術の開発と摘発の繰り返しが歴史である。

薬物ドーピングの場合、薬を飲むことによって、筋肉増強薬、興奮薬、のような賦活する薬だと、私は思っていたらそれだけでない、むしろそうでない利尿剤という手法のほうが近年増えていると聞いて、驚いた。

利尿剤を使って体内の水分を尿として体外に排出する作用を利用して、体重を落とすことに用いるのだ。体重クラス分けのある競技 には都合のいい薬だ。
レスリング、重量挙げなどでは各クラスでメダルを取ろうと一階級下のクラスに無理に出場させる時使う。重量挙げでは5から8キロの減量は普通だという。 元々70キロの選手が減量して60キロに登場すれば、その筋力からいっても有利だ。それも薬を使って苦しまずにできるならこんな都合のいいことはない。

減量というと、かつては蒸し風呂、減食、発汗トレーニングなどで長時間かけた。私などは、「あしたのジョー」でライバル力石徹が過酷な減量をしたことを思い出す。ジョーより上背のある力石は同じクラスで闘うために、無理な減量を自分に強いたのだ。空腹と渇きでぎりぎりまで追い詰められた力石が封印された蛇口の前で発狂寸前に陥るシーンは、漫画とはいえ鬼気迫るものであった。

こういう苦行難行を経なくても、80年代から腎臓病などの治療に使われる利尿剤が一気にスリムな体に"変身"できるようになった。これは体重を下げるということ以外にもステロイドなどの薬物を強制的に体外へ排出させることもできるとあって、たびたび使用されることになったのだ。

だが、健康な体に用いれば水分が抜けてからからの状態にもなるし、心不全を起こしやすくなり、体に有害であることは言うまでもないことだ。
なにより、無理な減量をした力石はジョーのパンチを予想以上にダメージとして受け、かつロープダウンしたときの衝撃も、通常よりも重く受け止めることになり、死に至ったのである。

こういう悲劇に選手たちが陥らないことを、私は願う。

ところで、今朝のワイドショーで岐阜一区の女の戦いというのをリポートしていたが、そこで野田聖子議員のセリフを紹介していた。「私は、あしたのジョーである」というのだ。どうやらダウンしてもダウンしても立つジョーに自分をなぞらえたいのだろう。こんな政争にジョーを利用されるのは嫌だが、野田議員が「女だてら」にジョーが好きだと知って、ちょっぴり好感をもった。
とにかく最近何を見ても聞いても、「あしたのジョー」に結び付けて考えてしまう。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

力石のように、骨と皮になって_c0048132_15184374.jpg

by yamato-y | 2006-12-12 15:12 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(1)
Commented at 2006-12-12 21:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 笑いのテロリストが死んでゆく 大隠は市に隠る >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧