人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

日米開戦「虎、虎、虎」

黒澤明VS ハリウッド

昨日12月8日は真珠湾攻撃で日米が開戦した日だ。奇襲で大きな戦果をあげて日本は大喜びするが、アメリカではだまし討ちされたと屈辱の日としている。このときの双方の司令官が山本五十六とキンメルである。キンメルは後に降格されその職を追われ、失意のうちに亡くなったという。そのため、遺族は汚名をはらすべくこの奇襲のことはルーズベルトは知っていたという大統領陰謀説をたびたび掲げることになり、日本でも戦闘の正当性を強調するうえで都合よしとする勢力がこの説に同調することが多い。

 陰謀説によれば日本側の暗号は解読され情報は筒抜けになっていたようだ。この奇襲作戦も情報としてアメリカ側は掴んだのだが連絡、命令が錯綜して防御体制に入ることができず、不意打ちを食らうこととなり、現地司令官キンメルは不運な役回りとなったというのだ。

一方もう一人の司令官山本五十六もまた不運な役回りだという見方がある。彼はハーバードで学びワシントンで駐在武官を務めていたから、アメリカの底力ということをよく知っていた。だから英米を敵に回してはいけないと再三政府を説いていたにもかかわらず、天皇と国家に忠誠を誓う軍人として自ら日米戦の火蓋を切る役目を果たすことになったのだ。
 このZ作戦を起案し実行した山本長官は、日本中が大勝利に沸き立つなかにあって、《その後日本がたどる暗い運命を予感するように沈鬱な表情を見せる。》というふうに、この真珠湾の勝利を悲劇としてとらえて描こうとした映画監督がいた。

黒澤明である。彼はハリウッドの20世紀フォックスと組んで1967年に「トラ、トラ、トラ!」という映画を製作しようとしていた。巨費を投じて1969年に完成することをめざして、脚本創りから撮入までプロジェクトはすすんだが、突然監督は更迭される。
やがて日本側は新しい監督が立って撮影がすすめられ、1970年に完成して公開されることになる。

この黒澤の降板する真相については、後に彼が自殺未遂を計ったことも合わせて長く謎とされてきた。ここに鋭くメスをいれたノンフィクションが今年出版された。田草川弘の『黒澤明VSハリウッド』(文藝春秋)。
昨夜この本があまりに面白いので読みふけった。そこには友愛に根ざした、もう一つの日米戦があった。この本の著者田草川氏は私の社の先輩である。今朝送られてきたOBニュースレターの中にこの著が今年の講談社ノンフィクション賞を受賞したと記されてある。やはりこの労作は注目されていたのだ。まだ最後まで読み終えていないので本日はこれに没頭しよう。

さて映画のタイトルのトラ、トラ、トラ、の意味だが、真珠湾攻撃の指揮官だった淵田美津雄中佐がハワイから発したモールス信号で、「我奇襲に成功せり」という暗号である。本来は“虎”であった。だから黒澤明の最初のタイトルは「虎、虎、虎!」である。

話はまったく違うが、この淵田中佐と私は小学校の頃に会ったことがある。伝道師として彼はキリスト教の布教のために故郷の教会に来たことがあるのだ。ソフト帽をかぶったおしゃれな叔父さんだったが、母が「あの人は真珠湾でえらかったんやて」と教えてくれた。そういう人がなぜキリスト教を布教するのだろうと不思議に思ったことを思い出す。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-09 15:37 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 1968年の備忘録 家族と暮らす喜び >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧