人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

面臭い雑誌「団塊パンチ]

面臭い雑誌「団塊パンチ]

団塊世代のレトロを狙って作られた雑誌「団塊パンチ」。その3号を読んだ。
個人的な興味もさりながら、今取材している「あしたのジョーの、あの時代」の参考資料としてでもある。

特集「68年に何が起こったか?」というテーマ立てそのものにも引かれた。ジョーの連載も其の年の1月1日からだ。この年から連載終了の72年までは、きわめて重要な時代となる。だから、そのキャッチフレーズに釣り込まれてこの雑誌を購入したのだが、特集の2も目のつけどころがいいのだ。題して「ちあきなおみ伝説」。

実は5年前に同様のタイトルのドキュメンタリーを作ろうと取材したことがある。彼女の元マネージャーという人物からの口ききで動いたのだが、結局彼女の了解がとれず断念したことがある。そのとき、ずいぶん調べたものだが、まさか宍戸錠を引っ張り出すとは思いもよらなかった。宍戸は彼女の義兄にあたる。
ちあきの沈黙は夫郷鍈治の死によるものという噂はながく語られているが、その真実はほとんど闇だ。そこで郷の兄である宍戸を引っ張り出すという奇策を用いたわけだ。

こういう企画を立てるというのはこの本に知恵者がいると見た。
取り上げている人物が胡散臭くていい。アダルトビデオ監督でカリスマ代々木忠。ヨヨチューの素顔を見せるなんて粋だ。彼は団塊より10年上だがピンク映画やAVで我が世代に大きな影響を与えてきた人だ。私も前からこの人の番組を作りたいと思っていた。彼の代表作は「ある少女の手記・快感」。ピンクの名作だ。

さらに川添象郎まで引っ張り出すとは恐れ入った。伝説のプロデューサーだ。明治の元勲後藤象二郎の孫にしてドラッグで何度か捕まった「複雑怪奇」な御仁だ。話題を呼んだミュージカル「ヘアー」の招聘やニューミュージックのジャンルを開拓した人でもある。
以前から面白そうな人物だと思っていたが、やっとこれで素顔が見える。この人は昭和40年代のある部分をしっかり掴んでいたのだ。こういう証言をもってくるなんて、この編集部は相当分かった人がいるはずだ。

一つだけ不満がある。この本に登場する人物は団塊世代よりやや上の人たちだ。だから世代の本音が見えない。先日も書いたが、団塊本はたいていその上の世代の意見や情報で作られていることが多い。これには理由がある。実はそのことはうすうす気づいているのだが。

つまり団塊はいろいろ“騒動”を起こしたが、実際に扇動したのは年長組なのだ。わたしらが大学に入った頃は60年安保の残党のような活動家が大きな声を出していた。演劇だって唐十郎、寺山修司、蜷川幸雄、佐藤信、みんな年長だ。原田芳雄も中村敦夫も石橋蓮司も吉田日出子もみんな兄(アニ)さんや姉(アネ)さんだった。

私らの世代は、あしたのジョーの後の時代に主体的に動き始めるのだった。ジョーの時代は大きな波に乗って動いていたというのが実感だ。

さて再び「団塊パンチ」に戻すと、この雑誌は不定期だが次号が待ち遠しい。他のレトロ雑誌やサライのような隠居趣味と違って、胡散臭く面白いのだ。流行の表現を使えば
面臭い(オモクサイ)雑誌だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-07 16:25 | Comments(0)
<< ついに出来た、大伴昌司ポスター パチンコ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧