人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

浅草、夢の町

浅草、夢の町


桑原甲子雄という写真家がいる。木村伊兵衛の一回り下の世代だが、戦前の東京、特に浅草を撮影した写真家として知られている。
といって、彼は当時アマチュアのカメラマンだ。
彼の家は質屋を営んでいた。長男だったので家業を継ぐこととなり大学へ進学できなかった。それに引け目を感じていた桑原は欲求不満の捌け口として写真を撮って歩くことを趣味とした。本人によれば「ただブラブラ歩いて、メモというか、一種の日記みたいなものですね」ということだ。それが戦前の下谷の世界を記録する貴重な写真となった。
彼の写真集は「夢の町」と題されている。浅草のエノケン、レビュー、歌舞伎、築地小劇場、江戸の老舗、など昭和11年から19年にかけての、長閑な”夢”のような世界が記録されていた。

この本を手にしたのはベルエポックな浅草を見るためではない。そこにはさみこまれた珍しい作品を目にするためだ。世界的ダンサー崔承喜の写真だ。
昭和10年(1935)、鎌倉由比ケ浜で、オリエンタル写真工業主催の撮影会が開かれ、そこへ崔承喜がモデルとして登場したのだ。桑原は海辺の彼女のスナップを撮影して2位に入選する。そのときの印象をこう書いている
《私は当日の崔承喜の輝くばかりの肉体の美しさの印象が濃い。それはエロスの女神というにふさわしかった。私は大勢の人に押されて、カメラをもったまま彼女の背中にストレートに触れた。それは戦慄に近かった。》
水着のような軽装に白いベールをまとった彼女の肢体は、今見てもハットするほど美しい。そして桑原の写真の中に、崔承喜の伝説的な跳躍があるのだ。あらためて、戦前の彼女の大きさを知る。

さて、この写真を資料室で見つけてきたのは、京都からの珍客による。大学の教え子がこの崔承喜を卒業論文に書くため、私のところへやって来たのだ。
実は、彼女にこの主題を扱ってみたらどうかと勧めたのは私である。私自身20代から関心をもって調べてきたが、なかなか番組の企画としてパスすることがないまま、資料は机の中に埋もれていた。教え子の彼女が卒論として戦前の植民地下の韓国言論をやろうとしていると聞いて、この「崔承喜」という存在を調べてみたらと”そそのかした”のだ。

そして昨日、その主題で一応中間発表したことを私に報告しがてら上京してきたのだ。
そのリポートを読んで短期間でよく調べ勉強した後が見られ、私は感心した。そこで、さらに細かい資料の存在を教えるため、資料センターの文献を探りに渋谷まで出かけ、そこで桑原写真を目にすることとなった。他にも、崔承喜の師匠である石井漠の自伝や世界的ダンサーの文献を手にすることができ、彼女は嬉々として帰っていった。

論文が仕上がったら報告しなさいよと、私が冷やかすとにこっと笑って、彼女は高田馬場へ出かけていった。早稲田の図書館、演劇図書館でもうひとふんばり資料をあたるということだ。さいきんの女子学生は本当によく勉強するしがんばる。それにひきかえ、男子は・・・・・。

さて、桑原の「夢の町」を見ていると、浅草の古き良き時代が煙霧のように浮かび上がってくる。
実は、今夕浅草で先輩のTさんたちと飲む約束をしている。5時半に六区で落ち合うのだ。久しぶりに観音さまの裏通りを歩いてくるとする。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
浅草、夢の町_c0048132_1673567.jpgこの写真はきわめて珍しい、メキシコでの崔承喜のスナップだ。隣にいるのは大伴昌司の父四至本八郎。
by yamato-y | 2006-12-03 15:16 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 武士の一分 置いた鞄 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧