人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

賢明な自然死

吉村昭の[死顔]

今年7月下旬、作家の吉村昭がすい臓癌で死去した。
といってもこのことが公表されたのはその死からずいぶん経ってのことで、たしか秋風の吹く頃にお別れの会が開かれたと記憶する。同僚がテレビドラマ化でお世話になったからと言って、その会に向ったのを思い出す。

このたび、『死顔』と題した遺作短篇集が出た。発行の日付は11月20日となっているから出たばかりだ。5つの短篇が並んでいる。うち3篇は吉村の兄弟の死と自分の若い日に体験した死について書かれてある同系の作品だ。一読、感動した。最期にこういう作品を残す吉村の見事な死に敬服した。

吉村は結核を患い21歳のとき肋骨を5本切除するなど、若くして死をみつめた人物である。以来、父母10人兄弟姉妹の死をいくつか重ね、歴史小説でも死を取り扱って、確固とした死生観をもつにいたった。〈延命治療は拒む。死顔は見せない。〉

幕末の蘭方医佐藤泰然は死期を悟って高額な薬を拒み食物も絶って死を迎えた、と吉村は短篇『死顔』に記している。これを一つの理想と見たと思われる。妻の津村節子が後記に書いているが、最期の夜になって吉村が点滴のつなぎめをいきなりはずしたと報告している。そしてもう死ぬとかすかに言った。吉村は泰然のように尊厳のある死を選んだのだ。彼はこの行為を「賢明な自然死」として受け止めていた。

さらに死顔は他人のものも見たくないし自分のものも家族以外さらしたくないと、吉村は考えた。その理由を本書の中で語っている。
《柩の中の死者は、多かれ少なかれ病み衰えていて、それを眼にするのは礼を失しているように思える。死者も望むことではないだろうし、しかし、抵抗することもできず死顔を人の眼にさらす。》だから自分の場合は子供、孫たちだけにしたいと吉村は妻に“遺言”したのだ。

長崎へ赴任して、『戦艦武蔵』を読んで以来吉村昭の作品を断続的に愛読してきた。特に『破獄』と『冷たい夏、熱い夏』が好きだった。近年『天狗争乱』が出版されたとき、私のふるさと敦賀もおおいに関係があるので、暇ができたらゆっくり読もうと思っていた。その矢先に訃報を聞いたのだ。
もっと早く取材を開始しておけばよかったと、遺作『死顔』を読んで悔やんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-02 10:02 | 魂のこと | Comments(0)
<< 置いた鞄 灰はまだ白くない >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧