人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

灰はまだ白くない

ジョーのアイロニー
灰はまだ白くない_c0048132_16143948.jpg
いよいよ「あしたのジョー」の時代を番組として描くことになる。放送は来年3月ごろとなろう。
長年にわたり、大伴昌司の時代をリサーチしてきたが、彼が活躍した時期と「あしたのジョー」連載期間がしっかり重なるのだ。そして、この両者はわれわれ団塊世代にはぜったいに忘れられないイコンでもある。

力石徹が死んで葬式が行われたのは、1970年3月24日だった。講談社の講堂にファン700人が駆けつけた。小学生からサラリーマンまでさまざまな世代が集まったが、やはり大半は大学生だった。この頃から漫画の青年化が始まっていた。実は、私はその世代だ。

1947~49年生まれのベビーブーマーは、1968年に大学闘争ののろしをあげる。その時期に「あしたのジョー」が少年マガジン誌に登場する。70年安保前夜だ。

そして70年に安保は自動延長し、学生運動はしぼんでゆく。まさにそのとき、ライバル力石はジョーに勝負で勝ちながら、リングを降りた後落命する。ファンはまるで身内が死んだのと同様のショックを受けた。寺山修司らの手によって葬儀が行われた一週間後、日航「よど号」は赤軍によってハイジャックされる。
北朝鮮に向かうとき、兵士の田宮高麿は「われわれはあしたのジョーである」という言葉を残して日本を飛び立つ。そんなことってありか、と私は動転した。

この田宮も先年死んだ。まだそんな年齢でもなかったのに。その後から北朝鮮のさまざまな所業がメディアの中で飛び交うのだが、生きていたらこの状況をどう見るだろうか。

力石の死後、ジョーは魂の抜け殻となった。長い彷徨のすえ、パンチドランカーとなったジョーはリングで燃え尽きることに希望を託すようになる。その言葉。「俺はそこいらの連中みたいにブスブスとくすぶりながら不完全燃焼しているんじゃない。ほんの瞬間にせよ、まぶしいほど真っ赤に燃え上がるんだ。そしてあとには真っ白な灰だけが残る・・・・・」

ジョーに思いをこめた私らは、その後企業社会の中で必死で働いてきた。私は昨年定年をむかえたが、おおぜいの同世代は来年2007年、60歳定年をむかえることになる。胸に手をあてて聞いてみる。「お前は、真っ白になったか」と。
そこには、風が吹くばかり――。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-12-01 16:57 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 賢明な自然死 親があっても子供は育つ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧